南海トラフ巨大地震に対応した代替輸送訓練のご案内
     
     
 東日本大震災では、日本海側地域の港湾が東北地域の代替機能を果たしました。
今後発生が危惧されている南海トラフ巨大地震などにおいて事業継続を確実なものとするためには、自らの復旧のみならず、同時被災確率の少ない日本海側に代替生産拠点及び供給先への代替ルートを確保し、サプライチェーンを維持する代替戦略が必要です。
 北陸地域国際物流戦略チーム(北陸地方整備局・北陸信越運輸局)は、代替輸送を確実なものとするため、代替輸送訓練を平成25年度より継続して実施しています。
 訓練では、供給先への代替輸送ルートの確保等について、物流が途切れた場合にどのような問題が生じるかなど、災害発生時を模擬体験することにより経験値の向上を促進します。


 日時 11月13日(火)
 
 場所 名古屋国際センター
  
 対象 荷主、商社、港運事業者、陸運事業者、行政、研究機関など

 定員 100名※事前申し込みが必要
        
 費用 無料

 主催 北陸地方整備局、北陸信越運輸局

 申込方法 参加申込書に必要事項をご記入の上、 
        FAXまたはemailにてお申込み下さい。
    
 お申込案内、申込書はこちらから



 
   

                     

Copyright : 2005 HASHIMA Chamber of Commerce and Industry. All rights reserved.