平成17年10月発行 第90号


☆☆☆ トピックス ☆☆☆
2005美濃竹鼻なまずまつり なまずエキサイティンゲ開催
キャリア教育プロジェクト事業協議会・運営協議会合同会議開催
部会よりお知らせ
商工会議所青年部 「元気がでるプロジェクト」講演会開催
会員優遇融資制度のご案内
第7回会員親睦ゴルフ大会
10月は「労働保険適用促進月間」です
全国推奨観光土産品を募集します
第二創業塾開講 塾生募集
情報セキュリティセミナー2005

上へ

2005美濃竹鼻なまずまつり
なまずエキサイティング開催
 今年で16回目を迎えるなまずまつりは10月22日(土)、23日(日)の2日間開催いたします。
「なまずエキサイティング」をテーマに、メインイベントのみこしコンクールをはじめ、フリーマーケットや子供イベント広場、歌謡ショーなど様々なイベントで皆様のご来場をお待ちしています。

 23日(日)にはグラフィックデザイナーの篠田芳彦先生を会場へ招き、「みんなでなまずを描こまいか」と題して、たたみ12畳もの大きさのキャンバスに多くの子供たちと一緒に独創的ななまずの絵を創作してもらいます。
 また、聞得寺駐車場では、岐阜羽島ボランティア協会の皆さんによる「ぎふ羽島ふるさと福祉村・市民活動市場」を開設します。こちらでは手作り教室(バルーン、万華鏡、人形)などのイベントを用意しています。
 
 なお、スケジュールやイベントは都合により変更する場合がありますので、詳しくは商工会議所内実行委員会(392−9664)までお問合せください。

上へ

キャリア教育プロジェクト事業協議会・運営協議会合同会議開催
 当所では、今年度より市内の小中高校15校を対象に教育機関、行政、地域経済団体が一体となって、工場見学、職場体験、講演会や独創的な教育手法を導入し、小中学生の段階から職業観を醸成、ビジネスに対する感性豊な人材育成を図ることを目的にキャリア教育事業(経済産業省受託事業)を実施しています。
 羽島市長 白木義春氏、羽島市教育長 大平橘夫氏をはじめとする、各分野の代表者の方々に、より一層のご理解と協力体制の確認を図るため、標記会議を9月27日(火)当所にて開催しました。
 会議では、担当コーディネーターがこのプロジェクトの目的、具体的な事業内容、実施効果、そして今までの進捗状況について詳細に説明しました。
 また、各委員より、この事業に対する具体的な質問や、暖かい意見をいただき、より強固な協力体制を確認することができました。
 引き続き、当所では各分野の協力のもと一体となって地域の活性化に資するよう事業を推進します。

上へ

部会よりお知らせ
 繊維工業、繊維加工・卸、金融・保険、一般工業、建設の5部会では、下記の日程で研修等を開催します。多数のご参加をお待ちしております。詳細につきましては、部会員の方々に別途郵送にてご案内します。

繊維工業部会 とき 10月27日
行先 京都方面
繊維加工・卸部会 とき 11月4日〜7日
行先 ベトナム ホーチミンシティー
金融・保険部会 とき 11月22日
行先 大阪方面
一般工業部会 とき 10月28日〜29日
行先 山梨・ファナック工場見学
建設部会
講演会
とき 11月4日
場所 羽島市文化センター
講師 羽島市長 白木 義春 氏
テーマ 今後の羽島市の展望について


上へ

商工会議所青年部
「元気が出るプロジェクト」講演会開催
 青年部では、9月16日(金)、羽島市文化センターにて羽島青年会議所との共催で「元気がでるプロジェクト」講演会を開催しました。参加者150名。
 今回は、物理性心理学者である蔵本天外氏をお迎えし、「脳内進化」〜意識が変われば世界が変わる〜をテーマに熱く語ってもらいました。
 講演の中で、多くの日本人のものの覚え方は、受験で見られるような丸暗記型であって、覚えた事がどういう意味であって、どう使うのかということを理解していません。大事なことは、ものを覚える時に、それが何かであることを理解し、関心をもつこと、つまり認識するという行為が五感力、知覚神経を活性化させる重要なポイントで、そのことが今まで眠っていた能力を引き出すきっかけとなる。
 また、言葉の効果について、語尾が上がる話し方は元気になるが、語尾が下がる話し方は雰囲気が暗くなり、前向きな言葉を使う人は、意識も前向きであり、成功への道を辿るけれども、後ろ向きの言葉を使う人は、どんどん失敗へと導かれてしまう。
 人間は、言葉一つで意識が変わります。意識が変われば世界が変わります。単純なことですが、前向きな意識をもつことが成功につながります。今から意識を変えましょうと語り講演を終えました。

上へ

会員優遇融資制度のご案内
 当商工会議所では、会員向けの融資制度を市内金融機関と提携し創設いたしました。
 この融資制度は、当所会員の資金調達を円滑化することを目的として創設したもので、市内の8金融機関が提供する商品について、通常の融資に比べて金利面等において優遇措置を受けることができます。
 融資制度についてのお問合せは、羽島商工会議所中小企業相談所(392-9664)までお問合せ下さい。
※各金融機関の審査によってはご希望に添えない場合があります。

○詳しくは、こちらをご覧下さい。

上へ

第7回 会員親睦ゴルフ大会
 9月22日(木)、岐阜稲口ゴルフ倶楽部において、7回目となる会員親睦ゴルフ大会を開催いたしました。
 当日は、小雨の降る中でのスタートとなりましたが、午後からは雨もやんでなんとかもちこたえました。
 参加された34名の皆さんは、日ごろの腕を十分に発揮されたことと思います。

主な結果
【優  勝】
 大曽根 傳 挙穴C鈑金
【準優勝】
 柴田 隆康
【3   位】
 永田 征 羽島タクシー

上へ

10月は「労働保険適用促進月間」です
 1人でも労働者を雇用する事業主は必ず労働保険に加入しなければなりません。
 労働保険とは、労災保険と雇用保険の総称で、職場のみなさんが安心して働くための保険制度です。
 「労災保険」は、労働者が業務や通勤に起因して、負傷、病気、死亡された場合に労働者や遺族を保護するために必要な給付を行います。臨時・アルバイトであっても、雇用した労働者は全て対象となります。
 「雇用保険」は労働者が失業したとき、教育訓練を受講したとき、又は、育児・介護休業の取得のために賃金が下がった場合等労働者に必要な給付を行います。
 また、事業主に対しては、雇用の安定、労働者の福祉の増進を図るため等の助成制度があります。
 65歳未満で、1週間の所定労働時間が20時間以上の常用労働者が加入の対象となります。
 パートタイムで、1週間の労働時間が20時間以上で雇用見込みが1年以上見込まれる場合は雇用保険に加入しなければなりません。
 詳しくは、羽島商工会議所もしくは、岐阜労働局労働局(245)8115、
ハローワーク岐阜(247)9235へお尋ね下さい。


上へ

全国推奨観光土産品を募集します
 日本商工会議所、全国観光土産品連盟では、第46回全国推奨観光土産品審査会実施します。
 これは、各地の観光土産品の中から食品衛生・品質・公正表示・郷土色等優れた観光土産品を「全国推奨観光土産品」として推薦することにより、観光土産品の発掘・育成・振興等に寄与することを目的に毎年実施しているコンテストです。
 是非、自慢の商品を出品してみてはいかがですか。

●審査日    平成17年12月13日(火)
●審査部門   @菓子の部
           A食品の部
          B民芸の部
          C工芸の部
●審査基準   a.観光土産品にふさわしい
          b.郷土色が豊かでデザインが優れている
          c.品質が優れている
          d.包装が優れている
●推 奨     合格商品は「全国推奨観光土産品」として推薦され、
          推奨マークを貼付することができます。
●推奨期間   平成18年4月1日〜平成20年3月31日(2年間)
●申込受付   平成17年11月15日(火)まで
●審査料    8,000円

 申込方法等、詳しいお問い合せについては、全国観光土産品連盟
 03−3518−0193
 E-Mail:zenkanren@rams.gr.jp
 または 羽島商工会議所まで

上へ

第二創業塾開講 塾生募集
 中小企業の方々が経営向上を図るため、積極的に新事業を起こしたり、既存事業とは違った新分野へ進出したり、事業を変革したりなどの取り組み全般の事を「第二創業」と呼んでいます。
 最近の市場は先行きの不透明さと価値観の多様化により、常に柔軟な発想や姿勢が求められています。
 成熟期の経済状況では無く、試行錯誤の時代であるため、考え方も行動にもこれといった正解はありません。
 近年の構造的不況を打破するために、業種や業態を超えた新たな取り組みや、下請け体質からの脱却の為にも、企業の強みを特化し、新事業を提案していく行動力が中小企業の方々に求められています。
 創業・経営革新・企業連携を積極的に支援する法律に「中小企業新事業活動促進法」があります。
 この法律は、中小企業者が取り組む経営革新や連携について新規性と具体性が求められ、また数値化された事業計画の承認・認定が受けられる場合には、税・融資・補助金などの優遇措置を受ける事ができます。
 本所が開講する創業塾は、この法律をベースに、新規事業などに取り組む先進企業を様々な関係協力団体の視点を通してご紹介し、さらに経営革新に必要な心構えや知識を勉強していただく内容です。
 企業が取り組みにいたった状況や考え方、視点、変革の経緯や結果など、自分の考えとゆっくり照らし合わせ、自社の新事業展開につなげていただけるよう、平成17年11月より月1回のペースで開講致します。  
 入塾いただける対象の方は、法的支援を受けるための取り組み如何にかかわらず、知識を深めたい、勉強したいという方もぜひご参加下さい。
 また現経営者と後継者の事業展開に相違や葛藤がある企業や、いったん廃業したがもう一度事業を起こしたいという方もご参加いただけます。

上へ

情報セキュリティセミナー2005
 名古屋商工会議所では、中部経済産業局ならびに独立行政法人情報処理推進機構(IPA)と共催で、10月27日(木)・28日(金)に「情報セキュリティセミナー2005」を開催します。
 企業や個人のコンピュータネットワークへの依存度が増す中、Webへの不正アクセスやネット詐欺、個人情報漏えい問題が頻発しています。企業にとって、情報を守ることは信用を守る上で必要最低限の条件となりました。
 そこで今回、対象に応じたコース別で最新のセキュリティ対策セミナーを実施します。
●会場 名古屋商工会議所
●日時 10月27日(木)10:00〜13:00 マネジメントコース
                14:00〜18:00 情報セキュリティ対策技術コース
         28日(金)13:00〜16:00 基礎コース (定員各200名)
【お問合せ・お申込先】
 名古屋商工会議所 情報化推進センター 久野  
 052(223)8612
 E-Mail:kkuno@nagoya-cci.or.jp    
 URL :http://www.nagoya-cci.or.jp

上へ


インデックスへ戻る


Copyright : 2005 HASHIMA Chamber of Commerce and Industry. All rights reserved.