平成17年5月発行 第85号


☆☆☆ トピックス ☆☆☆
5歳6ヶ月で珠算1級合格
検定紹介
平成17年度 振興委員決まる
国際情報化委員会開会開催される
中小企業大学校研修のお知らせ
社内コミュニケーション診断
無料健康診断のお知らせ
フランチャイズ契約を締結するまえに

上へ

5歳6ヶ月で珠算1級合格
 平成17年2月13日に当商工会議所で施行した日商検定で、赤堀愛果さんが5歳6ヶ月で見事珠算と暗算の1級に合格しました。
 愛果さんがそろばんを始めたのは、3歳9ヶ月の時。母親の真基さんがそろばん塾をしており、そろばんを遊びで触らせたのがきっかけで、4歳11ヶ月には日商の珠算 3級に合格しました。 もともと1歳で九九を歌いながら覚えた愛果さんは、何の違和感もなくすぐにそろばんを覚えたようで、勉強というより遊んでいるようです。
 今では、朝の幼稚園バスが迎えに来るまでのわずかな時間にもパソコンを使 って暗算をして過すなど、今では1日平均3時間は練習をしているそうです。
 答えが間違っていると、悔しくて泣き出してしまうくらい負けず嫌いな愛果さん。そんな性格も驚異的なスピードで実力を上げていく要因だと思われます。
 愛果さんの当面の目標は、6月の試験で段位を取得することです。

 みなさんも、自己の能力を最大限に高め、対外的にアピールする方法のひとつとして、 商工会議所の検定試験をご活用ください。

上へ

検定紹介
  羽島商工会議所では、商工技能向上のため、日本商工会議所などが主催する各種検定試験を実施しています。 

簿記検定
  簿記は、企業の経営活動を記録・計算・整理して、企業の経営成績と財政状態を明らかにする技能です。企業の活動を適切、かつ正確に情報公開するとともに、経営管理能力を身につけるために、簿記は必須の知識です。

珠算検定
  「読み、書き、そろばん(計算)」は、子供の頃に身につけなければならない基礎能力です。「そろばん」を学習することで、計算力や暗算力、集中力、記憶力などを養うことができます。

日本語文書処理技能検定
  与えられた条件の中で、パソコン等を使いこなして、簡潔で説得力のある質の高い
  ビジネス文書を作成できるかどうかを判定する試験です。

ビジネス・コンピューティング検定
  与えられたデータをもとに、パソコン等を使いこなして表作成やグラフ化等を行い、その結果を経営改善や企業の意思決定に役立つ資料にまとめるビジネス直結型の試験です。

福祉住環境コーディネーター検定
  福祉住環境コーディネーターとは、高齢者や障害者に対して住みやすい住環境を提案するアドバイザーです。医療・福祉・建築について体系的で幅広い知識を身につけ、各種の専門職と連携をとりながらクライアントに適切な住宅改修プランを提示します。また福祉用具や諸施策情報などについてもアドバイスします。

 詳しい検定情報はこちらからどうぞ http://www.hashima-cci.or.jp/saport/kentei.htm
  

上へ

平成17年度 振興委員決まる
 経営上の問題や資金繰りの問題、税金問題など相談を抱えていても、仕事が多忙で商工会議所に行くのが大変だ、経営支援員に相談しづらい等、様々な理由で商工会議所が実施する経営改善普及事業の支援を受けられない方がいらっしゃいます。このような方々の近くにいて相談相手になったり、経営支援員や専門相談 員を紹介したり、経営改善普及事業を身近な立場で推進するのが振興委員です。
 今年度の振興委員は次の方々に決まりました。ご相談はお近くの振興委員へお気軽に。

 氏    名  職  種  住     所 電  話
神 田  輝 夫  料理・仕出 501-6274 羽島市小熊町外粟野3796 391-1555
岩 田  勝 美  鉄   工 501-6225 羽島市正木町新井319 392-4525
飯 田  耕一郎  司法書士 501-6254 羽島市福寿町本郷1356 392-1444
山 北  千 富  印   刷 501-6241 羽島市竹鼻町3214 392-2345
宮 崎  修 市  縫   製 501-6235 羽島市竹鼻町蜂尻154-3 393-0328
高 橋  正 武  花 販 売 501-6302 羽島市舟橋町出須賀3-66 398-2310
棚 橋  正 伸  靴下製造 501-6311 羽島市上中町長間485 398-3982
野 村  紀 夫  製 菓 業 501-6321 羽島市桑原町八神2713-6 398-8451


上へ

国際情報化委員会開催される
 羽島商工会議所では、4月22日(金)国際・情報化委員会(委員長 浅野宗平)を開催いたしました。
 今回の委員会は、平成17年4月1日の個人情報保護法施行に伴い、当商工会議所における個人情報の保護などについて明確なルール作りをするために開催されたものです。
 当商工会議所では、会員の皆さまの事業所情報をはじめ、共済加入者、検定試験受験者等の情報を保有しております。これらの情報についてさらに細心の注意を持って取り扱うため、さる4月1日、「羽島商工会議所個人情報保護方針 」を制定(先月号の会議所タイムズに掲載)し、基本となる方針を表明いたしました。
 委員会の席上では活発な議論が行われ、早急に各種規則(規程、コンプ ライアンス・プログラム等)を策定し、今まで以上に個人情報の保護に努めるよう求められました。
 これを受け、当商工会議所ではより一層個人情報保護に努めてまいります。

上へ

中小企業大学校研修のお知らせ
実践的な研修で、自社の課題解決を!

 中小企業大学校瀬戸校では国の補助を受け、低額の受講料(参加費)で中小企業の人材育成を目的とした研修を実施しています。
 瀬戸校の研修は、単なる知識付与にとどまらず企業や職場が抱えている経 営課題についても積極的に取り上げ、具体的解決策を見出そうとする、受講者参加型の実践的なカリキュラムで構成されている自社課題解決型研修です。
 ご興味のある方は、是非ご利用ください。

 コース05‐08:決算書の読み方と活用の仕方(実践)
 決算書から経営の健康状態を読む
 経営分析の各種指標を理解するとともに、自社の財務諸表を分析し、経営上の課題を抽出し、改善案を考えられる力を養います。また、損益分岐点分析等を通して、財務体質強化の方策を考えます。
 対象者:経営者、管理者、リーダー
 研修日:7月7日〜8日
 定  員:42名
 受講料:24,000円

 コース05‐09:強い営業をつくるセールスマネジメント
 プロセス重視で営業計画を達成
 「結果がでる以前」に、適切な対策を講じて、営業計画を達成するプロセスに重点をおいたセールスマネジメントの仕方を学びます。
 対象者:管理者、リーダー
 研修日:7月12日〜14日
 定  員:38名
 受講料:27,000円

 先着順で定員になり次第締め切ることがあります。
 ◇お問い合わせ・お申込み
   中小企業大学校瀬戸校
   愛知県瀬戸市川平町79
   0561(48)3400

上へ

社内コミュニケーション診断
職場の風通し良くしませんか
RCS 厚生労働省方式社内コミュニケーション診断

 元気な企業では社内コミュニケーションがうまく図れています。
 コミュニケーションが活発ならば、経営の効率化、労務管理の改善が図れます。ところが中小企業では、経営者の「自分の会社だから」という意識が強く働くため施策に客観性がなく、結果的に効果が上がらないことも多くあります。
 RCS(厚生労働省方式社内コミュニケーション診断)はそんな企業に役立つツールです。診断は無料で、産業心理学や統計学を応用した方法で従業員の意識を調査し、問題点を客観的、科学的に判断します。従業員全員が簡単な用紙に記入するだけで済み、所要時間は三十分ほどです。
 回答は全国データと比較され、問題点を抽出し改善方法が検討されて、提案等が報告されます。
 もっと元気な企業をめざしRCSを利用してみませんか。
 詳しくは、当商工会議所中小企業相談所(TEL:392―9664)または、岐阜地域農林商工事務所産業労働課までお尋ねください。

上へ

無料健康診断のお知らせ
岐阜地域産業保健センターからのお知らせ
働く人たちのための無料健康相談の実施

 岐阜地域産業保健センターでは、無料健康相談を実施します。
 この健康相談は、小規模事業場を対象に、医師が相談担当者として、その事業主及び従業員の方々が健康診断の結果に基づく事後管理の方法、生活習慣病の予防方法、病後における作業との関係、日常生活における健康保持増進の方法など健康問題について無料で幅広く相談に答えるものであります。
 なお、相談窓口の開設に際しては、相談者のプライバシーが保持されるよう配慮します。
 どなたでもお気軽にご相談ください。

 健康相談実施予定
  ―場 所―
 潟gヨタオートモール(カラフルタウン)
 羽島郡柳津町丸町3−3−6
 058(388)5402
 ―相談日―
 平成17年  5月21日(土)
          6月18日(土)
          7月16日(土)
         8月20日(土)
          9月17日(土)
 ※相談実施時間  午後2時〜午後5時

上へ

フランチャイズ契約を締結するまえに
 近年、コンビニエンスストアをはじめとする様々な分野において、フランチャイズチェーンが伸長しております。また、今般の経済状況を反映 して、企業を退職した後フランチャイズチェーンに加盟して事業を始める方も増えています。一方で、加盟店とチェーン本部との間でフランチャイズ契約を巡る様々なト ラブルが生じています。

○加盟者の心構え
  加盟店は「独立した事業者」です。本部事業者の社員ではありません。 契約を結ぶにあたって事前に留意し、左記のホームページ等を参考に十分検討することをおすすめします。

(社)日本フランチャイズ チェーン協会(JFA) http://jfa.jfa-fc.or.jp/
「ザ・フランチャイズ」  http://frn.jfa-fc.or.jp/

 フランチャイズ契約は、一時的なものではなく「長期にわたって効力を有 する」ものです。
 また、加盟店が多額の投資をしなければならない場合もありますので、 契約内容をよく理解し、確認してから契約を締結する必要があります。
    
フランチャイズ・ガイドラインにおける開示が望ましい事項
内  容
1 加盟後の商品等の供給条件に関する事項(仕入れ先の推奨制度等)
2 加盟者に対する事業活動上の指導の内容、方法、回数、費用負担に関する
  事項
3 加盟に際して徴収する金銭の性質、金額、その返還の有無及び返還条件
4 ロイヤルティの額、算定方法、徴収の時期、徴収の方法
5 本部と加盟者の間の決済方法の仕組み・条件、本部による加盟者への融資の
  利率等に関する事項
6 事業活動上の損失に対する補償の有無及びその内容並びに経営不振となった
  場合の本部による経営支援の有無及びその内容
7 契約の期間並びに契約の更新、解除及び中途解約の条件・手続に関する事項
8 加盟後、加盟者の店舗の周辺の地域に、同一又はそれに類似した業種を営む
  店舗を本部が自ら営業すること又は他の加盟者に営業させることができるか否
  かに関する契約上の条項の有無及びその内容並びにこのような営業が実施さ
  れる計画の有無及びその内容

フランチャイズ契約に関するご相談等は、下記の相談窓口をご利用ください。

中 小 企 業 庁 中 小 企 業 相 談 室   03−3501−4667
中部経済産業局産業部流通・サービス産業課   052−951−0597
(社)日 本 フ ラ ン チ ャ イ ズ チ ェ ー ン 協 会   03−5777−8701

上へ

インデックスへ戻る


Copyright : 2005 HASHIMA Chamber of Commerce and Industry. All rights reserved.