平成16年7月発行 第75号


☆☆☆ トピックス ☆☆☆
第15回 羽島商工会議所通常議員総会を開催
部会活動
人を活かすコーチング 〜何のための「質問」か叱責にも、励ましにもなる〜
ためになるホームページ 〜苦情・クレーム博覧会〜
中小企業総合事業団が独立行政法人 中小企業基盤整備機構に変わりました。

上へ

第15回 羽島商工会議所通常議員総会を開催

  羽島商工会議所では、6月21日(月)フォロ・ロマーノにおいて第15回通常議員総会を開催しました。
 平成15年度事業報告と収支決算を原案通り承認頂きました。(付録参照)
 3号議案として監事の選任がされました。

 退任、選任された監事は次のとおり。

 ○退任○

 (氏名)今井 清 氏   (所属)岐阜信用金庫 羽島支店長  (理由)転勤

 ○新任○

 (氏名)臼井 正浩 氏  (所属)岐阜信用金庫 羽島支店長

  4号議案では、事業所数・会員数の減少に伴い議員と常議員の定数を変更するため、定款変更が承認されました。
 この変更後の定数は、今年予定されている改選後からの適用となります。

 ○変更内容○

@常議員数   33名(40名)
A1号議員数 50名(60名)
B2号議員数 35名(42名)
C3号議員数 15名(18名)     かっこ内は変更前

上へ

部会活動
 各部会の総会が下記の日程で行われ、15年度事業報告並びに収支決算が承認され、16年度事業計画並びに収支予算の決定がなされました。
 総会終了後には講演会・懇親会が開催され、部会員同士の親睦を深めました。

  ○飲食・サービス部会○

  (開催日)6月4日    (場所)ターミナルホテル フォロ・ロマーノ
  
  ○運輸・通信部会○

   (開催日)6月7日    (場所)ターミナルホテル フォロ・ロマーノ

   ○建設部会○

   (開催日)6月9日    (場所)羽島商工会議所

   ○一般工業部会○

 (開催日)6月9日   (場所)ターミナルホテル フォロ・ロマーノ

  • 総会終了後、小嶋基次氏を講師に迎え、『おもしろ健康学』と題し、講演会を行いました。
   ○金融・保険部会○

  (開催日)6月10日  (場所)羽島商工会議所

  ○一般商業部会○


   (開催日)6月14日  (場所)ターミナルホテル フォロ・ロマーノ

  青年部活動報告

  青年部(部長 炭竃秀顕)では、5月27日(木)に鳥芳にて通常総会を開催し、15年度事業報告並びに収支決算についての承認がえられ、16年度事業計画並びに収支予算についての決定がなされました。
 総会終了後には、羽島市役所の松井企画部長をお招きして、羽島市の現状及び今後についての勉強会を行いました。
 今回の勉強会は、今後の羽島市を担っていく青年部員にとって非常に関心が強い内容だったことから、質問や要望・意見が数多く発せられ、熱い勉強会となりました。
 青年部では、さまざまな事業活動を計画しておりますので、50才以下の経営者・後継者・従業員(男女問わず)の方で青年部に入部希望の方は、事務局までご連絡下さい。お待ちしています。


上へ

人を活かすコーチング 〜何のための「質問」か叱責にも、励ましにもなる〜

 あなたが、部下に「質問」する目的は何ですか?
 自分の知らないことを教えてもらうためですか? それとも、確認したり、事実をはっきりさせるためでしょうか?あるいは、質問という名を借りて部下を叱責するためですか?
 ビジネス・シーンでしばしば出会う次の会話。上司は部下にどのような意図をもって質問しているのでしょうか。

上司 「例のキャンペーンの報告はまだか?」
部下 「先方との調整が遅れていまして…」
上司 まだそんなことをしているのか。調整してすぐ営業をかけるのが君の仕事だろう?」
部下 「それは分かっていますが、しかし…」
上司 「しかし、何だね。遅れているのは事実だろう?」

 「質問」を漢字の意味からたどれば、「問い」も「質(ただ)す」も、いずれも「誤りを正す」という意味です。つまり、「質問」は相手を問いただすという意図で使われることが多く、私たち日本人は人に対して質問することにあまりポジティブなイメージを抱いていません。しかし、コーチングスキルにおける「質問」は、相手から答えを引き出すための最大の武器ですから、質問によって相手を萎縮させたり、反発させたりするようなことは、できる限り避けなければなりません。
 質問は大きく二つに分けることができます。YES/NOを尋ねる「クローズドクエスチョン」と、「いつ」「どこ」「だれ」「何」「なぜ」「どうやって」などの5W1Hを含み、相手が自由に答えることができる「オープンクエスチョン」です。
 相手から答えを引き出すためには、この二つの質問をバランスよく使うことが求められます。クローズドクエスチョンは質問者の推測を確認するために使われることが多いので、多用すると相手は自分の考えを話すことができず、問い詰められるような印象を与えやすいので注意が必要です。
 ともすれば、部下に対する上司の質問は詰問になりがちです。しかし、「何のために質問するのか」を明確に意識することができれば、質問によって、励ますことも、仲間であることを意識させることも、信頼していることを伝えることもできるのです。
 さて、今日、あなたはどのような意図をもって部下に質問しますか?

日本コーチ協会  専務理事 桜井 一紀

上へ

ためになるホームページ 〜苦情・クレーム博覧会〜

苦情・クレーム博覧会  http://www.kujou906.com

 全国から募集した苦情・クレームが福井商工会議所ホームページにて公開。「ビジネストレジャーハンティング事業」(地域事業者の新商品・新サービス開発支援を目的)の一環として、昨年より開催され、大きな反響を呼んでいます。昨年は当所より金融保険部会(部会長 清水節司)が博覧会会場の現地視察を行っています。(H15.12月号会報参照)
 小規模事業者の商品開発を促進させる為に、商品・サービスに関する苦情・クレームを全国からホームページにて募集。同時に寄せられた情報がデータベース化され、ウェブ上で公開されています。昨年は博覧会会場のみでの展示公開であったため、情報が一方通行だったのですが、ウェブ上では、それぞれの苦情に返信ができるので、商品・技術の紹介など、企業側からの情報発信も可能となっています。現在7,800件もの素晴らしい苦情クレームが寄せられており、新製品・新サービスの創出に頭を悩まされている方にはまさに宝の山といえるホームページです。 
 ※閲覧には入場手続と入場料(1,050円)が必要です。


上へ

中小企業総合事業団が独立行政法人 中小企業基盤整備機構に変わりました。
 平成13年12月に閣議決定された「特殊法人等整理合理化計画」に基づき、平成14年12月に「独立行政法人中小企業基盤整備機構法」が公布されました。
 中小企業総合事業団(信用保険業務を除く)は、地域振興整備公団(地方都市開発整備等業務を除く)及び産業基盤整備基金の業務を統合し、平成16年7月1日に「独立行政法人 中小企業基盤整備機構(略称 中小機構)」として、新しくスタートすることになりました。
 中小機構は、中小企業者等の事業活動に必要な助言、研修、資金の貸付け、出資、助成及び債務の保証、地域における施設の整備、共済制度の運営等の事業を行い、もって中小企業者その他の事業者の事業活動の活性化のための基盤整備を行います。
 なお、組織が変更になりますが、小規模企業共済制度及び中小企業倒産防止共済制度等、中小企業総合事業団が行っている事業は、今までどおり、中小企業基盤整備機構が引き継ぎ、運営します。よって共済事業に関する相談窓口の住所・電話番号ともに変更はございません。     共済相談室 (TEL) 03−3433−7171

中小企業総合事業団

○信用保険部門を除く○

ベンチャー・経営革新支援事業、再生支援事業、高度化事業、人材養成事業、
共済事業(小規模共済、倒産防止共済)等
○信用保険部門○

信用保険事業
独立行政法人 中小企業基盤整備機構

○中小企業総合事業団(信用保険部門を除く)
○地域振興整備公団(産業系)
○産業基盤整備基金
  中小企業金融公庫

○中小企業総合事業団
    (信用保険部門)
○中小企業金融公庫

上へ

Copyright : 2002 HASHIMA Chamber of Commerce and Industry. All rights reserved.