平成16年5月発行 第73号


☆☆☆ トピックス ☆☆☆
ふじまつり・竹鼻まつり開催
指導力向上講演会〜やったらやられるで〜
部会総会のご案内
平成16年度 振興委員決まる
中小企業大学校研修のお知らせ
検定試験のご案内
腸内細菌検査実地の事業主の皆様へ
あなたの事業をバックアップ〜マル経融資〜

上へ

ふじまつり・竹鼻まつり開催
 4月23日から5月5日にかけて、ふじまつりが開催されました。「竹鼻別院のふじ」として多くの人に親しまれる樹齢三百年を越す古木の開花を楽しむお祭りです。23日のオープニングセレモニーでの保育園児の鼓笛隊演奏を皮切りに、バザー、子供太鼓競演、ふじとモデルの撮影会、着物ラリー等のイベントが行われました。
 また、5月3日の竹鼻まつり山車曳行はあいにくの雨で中止となりました。今回は、羽島市制50周年を記念しての13輌曳き揃いが予定されていただけに、本当に残念でありましたが、着物ラリー等のほかのイベントでは大勢の方で竹鼻別院一円はたいへん賑わいました。

上へ

指導力向上講演会〜やったらやれるで〜
青年部
 「やったらやれるで」 元 八尾信用金庫常務理事 中川 政雄氏

 去る4月16日(金)、羽島市文化センターにおいて、指導力向上講演会を開催しました。
 今回は、元八尾信金常務理事の中川政雄氏をお招きして、信金マン時代の経験をもとに職場のリーダシップについて熱く語ってもらいました。
 講演の中で、中川氏は、「職場は一将の影」という言葉を強調していました。その意味は、職場というところは、一人の大将の人格、能力を映し出している影であり、職場を見れば大将の器がわかるというものであります。真のリーダーであるためには、部下を動かす前にまず自分が動くことと、部下の心を開かせ、やる気に火をつける人でなければならないと述べられました。
 最後に、物事は何でも「やってみんとわからん」ものであり、積極性と勇気をもってやってみると、いろんなことができるものである。つまり「やったらやれるで」ということが成功への第一歩であるという言葉で講演を締めくくられました。

上へ

部会総会のご案内
 平成16年度も新たにスタートして、1ヶ月あまりが経ち、各部会総会の時期になりました。
総会の日程は、次のとおりです。

 ○繊維工業部会○ 
日時  5月26日(水)午後5時〜
場所 毛織会館
講演 講師 澤 芳美 氏(中小企業診断士)
演題 「複眼思考のすすめ」総会終了後、吉川家において懇親会を行います。

●他の部会については、現在調整中です。
●案内については、各部会長名で各部会員の方々に郵送されますので、是非とも参加していただきますようお願い申し上げます。

上へ

平成16年度 振興委員決まる
 平成16年度小規模企業振興委員の皆さんが決まりました。委員さんには、小規模企業施策の普及や相談の窓口として商工会議所事業に協力していただきます。
 事業経営等でお困りの時はお近くの委員さんにご相談ください。

氏名 職種 住所
平井  嘉博 縫   製 羽島市足近町
神田  輝夫 料理・仕出 羽島市小熊町
岩田  勝美 鉄   工 羽島市正木町
飯田  耕一郎 司法書士 羽島市福寿町
川地  昭一 織   物 羽島市竹鼻町
山北  千富 印   刷 羽島市竹鼻町
宮崎  修市 縫   製 羽島市竹鼻町
高橋  正武 花 販 売 羽島市舟橋町
棚橋  正伸 靴下製造 羽島市上中町
野村  紀夫 製   菓 羽島市桑原町

上へ

中小企業大学校研修のお知らせ
〜人材育成にお悩みの企業に研修を通じてお手伝いいたします〜

中小企業大学校瀬戸校では国の補助を受け、低額の受講料(参加費)で中小企業の人材育成を目的とした研修を実施しています。この研修会は、毎回多数の応募がありますので、ご興味のある方は、是非ご利用ください。

コース
NO.04-07 
 新規開拓と顧客深耕 〜売り上げを伸ばすための3日間〜
ねらい 自社分析により、自社経営資源を冷静に見直し、自社の強み、自社のできることを把握するとともに、外部環境分析により自社・顧客・取引先が属する業界の動向を把握します。その上で、自社が今後成長発展していくためにはどのような方策をとっていけばよいのかを講義と演習により学びます。
対象者 経営者・管理者
研修日  7月12日〜14日
定員 36 名
受講料 27,000 円
申込締切日 5月31日

コース
NO.04-09 
 5Sと目で見る管理  〜企業革新の土台をつくる〜  
ねらい 製造業、卸売業、サービス業等の現場の管理者、リーダーを対象にカイゼン活動の基本である、「5S」と「目で見る管理」の鉄則を講義と事例研究をとおして学びます。
対象者 管理者
期間  7月15日〜16日
定員 44名
受講料 21,000円
申込締切日 6月3日

コース
NO.04-10 
  リーダーのための問題解決   〜企業変革を推進するリーダーになる〜
ねらい ロジカルなスキル(問題解決・論理的なコミュニケーション・メンバー間の意見の対立・衝突を解消するコンフリクトマネジメント等)を体系化したファシリテーション手法による問題解決の進め方を取り上げ、自社の企業変革に必要な能力を実践的な演習を交えながら学びます。
対象者 管理者
期間  7月20日〜23日 
定員 48名
受講料 34,000円
申込締切日 6月8日

  ※先着順で定員になり次第締め切ることがあります。

   ◇お問合せ・お申込み
 
      中小企業大学校瀬戸校  
      愛知県瀬戸市川平町79 TEL0564(48)3400 
      ホームページ http://inst.jasmec.go.jp/seto/

上へ

腸内細菌検査実施の事業主の皆様へ
○ 提出日変更のお知らせ ○

 平成16年5月より検体の提出日が変更となります。
 毎月第1水曜日から、第2水曜日となりますので、次回よりお間違えのないようお願いいたします。
 ― 次回は5月12日(水)です ―

上へ

あなたの事業をバックアップ 〜マル経融資〜
 マル経融資は、小企業等経営改善資金融資制度として昭和48年に創設されました。      
 事業資金を借りたいけれど、担保も保証人もない。といった小規模事業者の方々の経営をバックアップするために創設された制度です。
 
 ◆マル経融資の特色

 1.商工会議所の経営指導を通じて融資の道が開けます。
 2.安心して借入ができる国(国民生活金融公庫)の融資制度です。
 3.担保も保証人もいりません。しかも、信用保証協会の保証も不要です。
 4.相談料、手数料など一切不要です。

 ◆マル経融資の対象者

 ●従業員20人以下(商業・サービス業は5人以下)の法人・個人事業主の方
 ●商工会議所の経営指導を六ヶ月以上受けて事業改善に取り組んでいる方
 ●最近一年以上、同一商工会議所の地区内で事業を行っている方
 ●国民生活金融公庫の融資対象業種を営んでいる方
 ●税金(所得税・法人税・事業税・住民税)を完納している方

 ◆資金使途

 【運転資金】
 仕入資金、買掛資金・手形決済資金、給与・ボーナスの支払い、諸経費の支払いなど

 【設備資金】
 工場・店舗改装資金、車両購入、機械・設備・什器の購入など
 ※生活衛生関係業種(飲食店・理美容業等)の方は運転資金のみのご利用となります。

 ◆必要書類

 【個人事業主の方】
 ●前年・前々年の青色決算書、白色収支内訳書および確定申告書の控え
 ●所得税・事業税・住民税の領収書または納税証明書
 ●設備資金をお申し込みの場合は見積書・カタログ等

 【法人企業の方】
 ●前年・前々年の決算書および確定申告書の控え
 ●決算6ヶ月以上経過の場合は最近の試算表
 ●法人税・事業税・法人住民税の領収書または納税証明書
 ●商業登記簿謄本
 ● 設備資金お申し込みの場合は見積書・カタログ等

 ◆ 融資額   550万円以内のほか別枠450万円以内

 ●返済期間(うち据置期間)
 【運転資金】 5年以内(6カ月以内)
 【設備資金】 7年以内(6カ月以内)

 ●利率 年1.4%(平成16年4月14日現在)
 ●お取扱期間 平成24年3月31日まで
 ※別枠のご融資のお取扱期間は、平成17年3月末までです。
 ※ご返済期間は、平成17年4月から運転資金4年以内、設備資金6年以内となります。

 ○詳しくは国民生活金融公庫岐阜支店(TEL263-2136)または商工会議所(TEL392-9664)までお問い合せ下さい。

インデックスへ戻る
Copyright : 2002 HASHIMA Chamber of Commerce and Industry. All rights reserved.