平成16年2月発行 第70号


☆☆☆ トピックス ☆☆☆
新春経済講演会開催〜福島敦子〜
一般行政手続電子証明書の発給業務開始
新入社員研修会開催のご案内
新春賀詞交歓会
総務・財政委員会開催
マップ作成委員会スタッフ募集
緊急雇用創出特別奨励金のご案内
全国観光土産品連盟会長努力賞受賞〜竹扇開運ハスの実キーホルダー〜
流行のものから見えるもの「80年代」ブーム爆発
平成15年度 税制改正
決算指導を行います

一般行政手続電子証明書の発給業務開始
 日本商工会議所 2月2日より一般行政手続電子証明書の発給業務開始
 
 一般行政手続電子証明書(タイプ1‐E)は、利用者の所属する事業所等の業務又は事業活動として行う一般的な電子申告・申請及び各種行政手続き等機関等でご使用いただけます 1‐Eでは電子証明書と秘密鍵は認証局ホームページよりダウンロードにてご取得いただけます。これにより、ご利用者はパソコンで手続きが行えるため、従来発生していた役所等への訪問に係る手間や費用等を削減することができます。 尚、入札コアシステム用とも商工会議所会員割引が始まります。


上へ

新入社員研修会開催のご案内

 毎年ご好評を頂いております「新入社員研修会」を来る3月24日(水)、本所にて開催いたします。本研修では、社会人としての考え方(知識、心構え)や、行動の基本(マナー)などを身につけて頂きます。 ビジネスや社会生活での新しい生き方の発見にも、是非多数ご参加下さい。 別紙案内にて詳細をご案内しております。


上へ

新春賀詞交歓会
 平成16年1月10日(土)羽島市文化センターにおいて新春賀詞交歓会を開催致しました。 当日は、市長、県議会議員、市議会議長、市関係者・会員企業などから79名が出席されました。 会場のあちらこちらで新年のあいさつを交わす光景が見られ、終始和やかな雰囲気で行われました。


上へ

総務・財政委員会開催
 1月28日に当所の総務・財政委員会(委員長 関谷幸男)を開催、平成15年度補正予算について審議いただきました。 一般会計は、外国人研修生の受入人数減少等により、合計725万円の減額。 中小企業相談所特別会計は、県からの補助金収入が200万円減少する見込みとなり、一般会計からの繰入金を100万円増額等により、合計で80万円の減額などとなりました。
 この補正予算(案)は、2月2日の常議員会で原案通り承認されました。

上へ

マップ作成委員会スタッフ募集
 飲食・サービス部会(部会長・山田恒夫)では、平成14年に「羽島シティよくばりマップ」を作成し、市民などから大変ご好評いただきました。1年間の充電期間を置いて今年度新たにマップを作成することにいたしました。今回のマップは羽島市の総合案内となることを目指しています。マップ作成委員会のスタッフとして参加していただける方は商工会議所(TEL392-9664)もしくは飲食・サービス部会役員までお気軽に。

上へ

緊急雇用創出特別奨励金のご案内
 労使の合意により、労働時間の短縮(所定外労働時間の短縮も含む)とそれに伴う賃金の減額を行ない、非自発的失業者等を雇い入れる事業主の方に、制度導入に係る奨励金と雇い入れに係る奨励金が支給されます。

 【支給対象事業主の要件】
 
雇用情勢が悪化した地域に事業所が所在する事業主であること(本奨励金の発動地域:一定の要件のもと6ヶ月ごとに決定され、現在平成16年2月27日まで発動されています。)
事前にワークシェアリング導入計画(以下「計画」といいます。)を作成し、労働局長に提出・受理されていること。
計画提出後6ヶ月間に、公共職業安定所又は労働局長に同意書を提出した民営職業紹介所の紹介により、30歳以上60歳未満の非自発的失業者を雇い入れること。

 【支給額】

ワークシェアリング制度導入分
 300人以下の事業所  50万円
 301人以上の事業所 120万円
労働者雇い入れ分
 一般労働者30万円・パートタイム(短時間労働者)15万円
 6ヶ月以上の有期雇用の一般労働者(中小企業に限る。)15万円

 【お問い合せは】

岐阜労働局職業安定部職業対策課 電話058−263―5563
(社)岐阜県雇用開発協会        電話058―252―7353

上へ

全国観光土産品連盟会長努力賞受賞〜竹扇開運ハスの実ホルダー〜
  第44回全国推奨観光土産品審査会(主催 全国観光土産品連盟・日本商工会議所)において、当所会員事業所 有限会社竹扇(社長 馬場文親)さんで作成されている「開運ハスの実キーホルダー」と「開運ハスの実根付」が推奨品として認められ、民工芸の部で「開運ハスの実キーホルダー」が全国観光土産品連盟会長努力賞に選ばれました。 この審査会は各地の郷土色あふれた観光土産品の振興等を目的に毎年実施されています。今回出品された観光土産品は、北は北海道から南は沖縄までの474社から1055点(菓子の部359点、食品の部566点、民芸・工芸130点)が出品され、それぞれの部門に分けて審査が行われました。制作者にお話をうかがったところ、何か羽島らしいものを作れないかと考案したら、「ハスの実」に辿り着きこの商品ができたそうです。 入賞した「開運ハスの実キーホルダー」と「開運ハスの実根付」は一個400円で竹扇さんで販売されています。
 有限会社 竹扇

 竹鼻町丸の内3−17
 (TEL)393−0228
 営業時間 / 11:00〜14:00
        17:00〜21:30
 定休日  / 月曜日
    

上へ

流行ものから見えるもの
 今なぜか「80年代」ブーム爆発 暗くても夢と希望に生きたい!?

 経済雑誌や新聞に、毎年恒例の「年間ヒット商品」紹介が出揃った。
 上位の定番は「カメラ付き携帯」「阪神タイガース」「六本木ヒルズ」などのおなじみの顔ぶれだが、そうした中で異彩を放ったのは、『日経流通新聞』(03年12月4日付)の「ヒット商品番付」で「西の横綱」に推挙された「昭和」だろう(ちなみに東は「デジタルAV機器」)。 確かに歌でも、山口百恵のCDセットが売れ、若手人気歌手・鬼束ちひろの『いい日旅立ち』や倉木麻衣の『イミテーションゴールド』などの百恵のカバー曲がヒットして話題に。また、井上陽水の懐かしい『夢の中へ』も複数企業のCMソングに使われた。 さらには、アイビーブランド『VAN』の復活や、おもちゃの『チョロQ』が本物の車となって売り出されたり、トレンドスポットだった六本木のディスコ『マハラジャ』人気が再燃したり…。特に、そうしたブームの中心となっているのが1980年代初めのトレンドだろうか。 なぜ今、80年代初頭なのか? 確かに、行き詰まった今の社会の閉塞感に疲れて"あの日に帰りたい"と思うノスタルジーもある。また、当時は「重厚長大」とも呼ばれた基幹産業の斜陽化による大不況が襲い、ジョン・レノン暗殺(80年)やホテルニュージャパン火災(82年)などの暗いニュースが相次いだ。長引く不況と戦争・テロ・災害・犯罪などの不安が絶えない今と、共通点は多い。 しかし、前向きな一面もある。 80年代は、戦後の混乱が終止符を打ち、日本人の生活がやっと安定した時代。つまり、「今はまだ暗いが、もう少し頑張れば、きっと幸福になれる」との夢を抱き、その夢に向かってがむしゃらに生きられた時代でもあった。 今の80年代回顧も、暗い社会に縮こまっていただけの日本人が、やっと落ち着きを取り戻し、「夢と希望の"ゲッツ!"」を目指した、往時のひたむきなパワーを思い出そうとする兆しとも取れるだろう。

NML野村オフィス 代表 野村 正樹

上へ

平成15年度 税制改正
 【少額減価償却資産の取得価額の必要経費算入の特例】
 
 中小企業者に該当する青色申告者が、平成15年4月1日から平成18年3月31日までの期間内に、取得価額が30万円未満の減価償却資産の取得等をして、不動産所得、事業所得又は山林所得を生ずべき業務の用に供した場合には、その業務の用に供した年にその取得価額の全額を必要経費に算入することができることになりました。

【情報通信機器等を取得した場合等の特別償却又は所得税額の特別控除】
 青色申告者が、平成15年1月1日から平成18年3月31日までの期間内に、パソコンやサーバー等の取得等の情報通信機器等の取得等をして事業の用に供した年(廃業した年を除く)については、@取得価額の50%相当額の特別償却を受けるか、A取得価額の10%相当額の特別税額控除(事業所得に係る所得税額の20%相当額を限度とする)を受けるか、いずれか有利な方を選択できることとなりました。また情報通信機器等を物品賃貸業者からリース契約により事業の用に供した場合(その年の年末まで事業の用に供している場合に限る)には、その事業の用に供した年については、その費用の総額に60%を乗じて得た額の10%相当額の特別税額控除(事業所得に係る所得税額の20%相当額を限度とする)を受けることができることとなりました。

岐阜南税務署員による所得税・消費税及び贈与税の確定申告相談は次の通り開催されます。

 @岐阜市
 【会場】 ぱるるプラザGIFU(JR岐阜駅西)
 【期間】 2月3日(火)〜3月15日(月)(但し土日祝日は除く)
 【相談時間】 午前9時から午後5時まで(相談受付は、四時まで)

 A羽島市
 【会場】 羽島市民会館第一会議室
 【期間】 2月16日(月)〜3月15日(月)〈資産税については3月3日まで)
      (但し土日祝日は除く)
 【相談時間】 午前9時30分から正午/午後1時から3時30分
 
※羽島市民会館については、例年より税務署員が少なく大変混雑しますのでご注意下さい。

上へ

決算指導を行います
 
期間 2月16日(月)〜3月15日(月)の平日
時間 午前9時〜午後4時(12時から午後1時まで昼休み)
場所 商工会議所 3階 研修室
内容 決算、所得税・消費税の申告に関する指導
その他 3月10日以降は大変混雑しますので、お早めにお越し頂きますようお願いします。

 【ご用意いただくもの】
 ○確定申告書・決算書(白色申告は収支内訳書)
 ○帳簿、集計表などの売上や経費がわかるもの
 ○平成15年中に購入した減価償却資産の明細
 ○健康保険、国民年金等の額がわかるもの
 ○生命保険料、損害保険料等の控除証明書
 ○給与・公的年金等の源泉徴収票や生命保険満期金等申告が必要
   な所得の明細
 ○前年(平成14年)の決算書(収支内訳書)確定申告書の控え 
 ○平成15年分年末調整の控え
 ○印鑑(税務署からの封筒一式をお持ち下さい)

上へ

インデックスへ戻る
Copyright : 2002 HASHIMA Chamber of Commerce and Industry. All rights reserved.