第32号 平成12年12月 発行 羽島商工会議所


外形標準課税導入反対総決起大会
部会報告
平成12年度文化講演会
容器包装リサイクル法
  手提げ袋や包装紙にも『識別マーク』が義務づけられます
年末調整指導のお知らせ
検定試験合格者
  第96回簿記検定試験、日本語文書処理技能検定
  ・小さな企業の経営学
    社長の最も重要な決断 〜後継者をどうする〜



外形標準課税導入反対総決起大会
 日本商工会議所は11月17日、東京・日比谷公会堂において「外形標準課税導入反対総決起大会」を開催しました。
 経済団体連合会、日本経営者団体連盟、全国商工会連合会、全国中小企業団体中央会、全国商店街振興組合連合会および経団連傘下の業種団体等、合計73団体で「外形標準課税導入反対協議会」を結成し、約2000名が参加しました。
 大会終了後、与党三党所属国会議員および関係省庁に対して決議文を提出し、改めて、経済界の総意としての外形標準課税導入反対を訴えました。
 政府税制調査会の中期答申は、「法人事業税へ外形標準課税を早期に導入することが望ましい。」としており、これを受けて全国知事会、自治省は事業活動価値(利潤、給与総額、支払利子、賃借料の合計)を課税ベースとする具体案を検討中であると言われています。
 この事業活動価値は、ほぼ7割を給与総額が占めており、このような課税ベースによる外形標準課税を導入すれば、雇用に対して深刻な影響を与えることは必至です。長期にわたる不況にも、企業は必死で雇用を守り、労働に対する安定的な分配を行なう一方、コストの削減に懸命に努めながら体力を回復し、景気にもようやく明るい兆しが見えつつあるところです。
 しかし事業活動価値による外形標準課税の導入は、こうした企業の必死の努力により安定的に確保されてきた人件費に課税することによって税収を確保しようとするものです。しかも、その一方で、地方自治体の行財政改革が徹底されているとは到底言い難い状況にあっては、納税者として納得できるものではありません。地方財政の健全化のためには、何よりも先ず行財政改革による歳出削減等の徹底と、国・地方の税源配分の見直しなど抜本的な改革が行なわれなければなりません。先進諸国でも経済への悪影響から廃止・縮小にあり、シャウプ勧告以来その導入が議論されつづけながら、多くの問題点を抱えることから、その実施が見送られてきた外形標準課税をあえて導入すれば、地域経済の足腰は再び弱体化へと向かうことになり、わが国経済は地方から崩壊してしまう危険があります。
 現在、わが国にとって必要とされているのは国際競争力の強化によって景気の完全なる回復を果たし、国・地方における税財政の抜本改革を実現することが重要ではないのでしょうか。


上へ

部会報告
一般工業部会
〜 研修旅行を実施 〜
 去る11月17日(金)〜18日(土)、一般工業部会(部会長 岩田保夫)による視察研修が実施されました。
 17日、部会員21名を乗せたバスは最初の研修先である養命酒駒ケ根工場へと向かいました。
 到着後、案内の方をバスに乗せ、敷地内をバスで見学しました。工場は木々に囲まれ、構内を清流が流れています。
 縄文、弥生、平安時代の住居跡が発掘復元されており、古くからこの場所が自然に恵まれた住みよいところであった事が伺われます。
 工場内では、養命酒の試飲、ビデオでの説明を受けました。
 工場を後にし、昼食後は昇仙峡、ワイン工場に立ち寄り、石和温泉にて宿をとりました。
 18日は、前日の雨が嘘のような快晴となりました。
 目指すは富士山五合目。雲一つない青空に富士が雄大にそびえたつ姿に誰もが目を奪われていました。
 富士の後は、まかいの牧場、焼津魚センターに立ち寄り羽島へと無事に帰りました。
飲食・サービス部会
〜 親睦会を開催 〜
 飲食・サービス部会(部会長 山田恒夫)では、去る11月13日(月)羽島平安閣にて親睦会を開催しました。当日は70名余りの方にお集まりいただき、食事とイベントで楽しいひとときを過ごしました。イベントは、全国大会1位の津軽三味線の実力者神谷茂良氏と民謡歌手中野みちこ氏ご夫妻による津軽三味線ライブで、参加者の皆さんは津軽三味線の力強い調べに耳を傾けておられました。またその後、ビンゴ大会による抽選会が行なわれました。
 このように、飲食・サービス部会ではどんどんイベントを企画してまいりますので、皆さん是非ご参加ください。
一般商業部会
〜 視察研修旅行 〜
 一般商業部会では、去る11月29日(水)に京都方面へ視察研修旅行に行きました。
 まず、京都駅(伊勢丹ゾーン)及びその周辺(地下街ポルタゾーン)の商業施設を視察し、活気あふれる商店の魅力は何か考えさせられました。そして、豊臣秀吉が昔わらじを脱いだことが由来で名付けられた「わらじ屋」で昼食をとった後、清水寺、霊山寺、円山公園を散策して帰路につきました。
 日帰りという大変忙しいスケジュールでありましたが、参加された方々の懇親が図られ有意義な研修旅行でありました。


上へ

平成12年度文化講演会
〜 花に学ぼう鳥に学ぼう 〜
 去る11月24日(金)、平成12年度文化講演会を羽島市文化センター・スカイホールにて開催いたしました。
 今回は、国内外を問わず各地を旺盛に旅する行動派作家立松和平氏をお招きしました。
 「自然に学ぶこと」というテーマで独特の語り口調とみずみずしい感性で語っていただきました。
 立松氏は講演の中で「明治時代以降、日本の国家は40年ごとに好景気と不景気が繰り返されている。このような状況からすると、現在は不景気のどん底にあると思われる。しかし、『国破れて山河あり』と言われるように、国家はみだれて、以前の姿はないけれども、山や川の自然だけはもとのままである。日本はとても自然に恵まれているが、最近では、その自然さえも、破壊されつつある。昔は、国が破れても自然が残っていたから、国は立ち上がることができた。だから、これ以上自然を壊さないようにしよう。山河を破らないようにしよう。いろいろな壊れたものを修復していこう。そして、自然豊かなふるさとを愛し大切にし、うるわしい山や川や大地の自然を子孫に残していこう。」とおおらかに語られました。
 参加された方には、思わず笑みがこぼれる場面もありましたが、深くうなずき、自然の大切さを考えさせられ、真剣なまなざしで耳を傾けていらっしゃいました。
 当日は、多くの方々に参加していただきありがとうございました。次回の講演会もご期待下さい。

上へ



容器包装リサイクル法
〜 手提げ袋や包装紙にも『識別マーク』が義務づけられます 〜
 平成13年4月1日より紙袋やはし袋など、店名や社名の入った包装紙、プラスチック製の容器等に「識別表示」が法律により義務付けられることとなりました。
 原則としては、「紙」・「プラスチック」全ての容器・包装に適用されます。但し無地の容器や、表示可能な面積が50u未満で「規定サイズ」表示ができないもの、ネット形状等で印刷不可能なものなどは、表示を免除されます。
 これは、「資源有効利用促進法」の制定により義務化されるもので、全ての表示義務事業者が対象となります。

表示義務事業者とは
 紙製・プラスチック製の容器包装を
  • 利用する事業者
  • 製造する事業者
  • 輸入販売業者
です。
詳しくは、下記までお問合せ下さい。
《識別表示の主なポイント》
  1. 新たな識別マークは「紙」と「プラ」
           
  2. 表示の「規定サイズ」とは
    1.印刷の場合:上下6mm以上
    2.刻印・エンボスの場合:上下8mm以上
  3. 適用除外のケースとは
    容器や包装が(1)無地の場合、(2)小さすぎたり、ネット形状など表示できない場合
※今後包装紙などを印刷・発注する場合には、注意が必要です。
お問合せ先
  • 羽島商工会議所
    TEL:058−392−9664
  • 中部通商産業局 産業企画部環境保安課
    TEL:052−951−2768
  • (財)日本容器包装リサイクル協会
    http://www.jcpra.or.jp/
  • 紙製容器包装リサイクル推進協議会
    http://www.kami-suisinkyo.org/
  • プラスチック容器包装リサイクル推進協議会
    http://www.pprc.gr.jp/

上へ



年末調整指導のお知らせ
〜 新納付書を必ず持参してください 〜
 年末調整は、給与の支払を受ける人について、毎月の給料や賞与などの支払の際に源泉徴収した税額と、その年の給与の総額について納めなければならない税額(年税額)とを比べて、その過不足額を精算する手続きです。
 本所では次の日程により年末調整指導を行ないます。
指導日時 平成12年12月21日(木)〜12月27日(水)
平成13年1月5日(金)〜1月10日(水)
 (土・日・祭日は除く)
午前9時〜午後4時
ご用意頂くもの
  • 税務署から届いた税務書類の袋一式
  • 平成11・12年度の源泉徴収簿
  • 生命保険料・損害保険料等の控除証明書
  • 健康保険・国民年金等の支払額のわかるもの
  • 印鑑
 納付期限 平成13年1月10日(水)
注意事項  税務署では新しいコンピューターシステムが導入され、それに伴い源泉所得税の納付書(徴収高計算書)、法定調書合計表が機械で読み取るOCR専用用紙となりました。
旧納付書  平成12年12月までの納付については使用可能です。
 平成13年からは一切使用できません。
新納付書
(OCR専用)
 平成13年1月から納付して頂く際に使用します。
 新しい納付書は税務署から整理番号・住所・氏名等がすでに印字されています。
 新納付書は、本所に一切予備がありません。
 紛失等の場合は早急に税務署へ連絡して下さい。


上へ


もどる