平成20年7月発行 第123号


☆☆☆ トピックス ☆☆☆
第25回通常議員総会を開催
一般工業部会 総会を開催
キャリア教育 長野五輪銅メダリストから夢への努力を学ぶ
7月1日から改正最低賃金法が施行されます
機械・什器の保障は万全ですか?


上へ

第25回通常議員総会を開催

 羽島商工会議所では、6月24日(火)フォロ・ロマーノにおいて第25回通常議員総会を開催しました。
 平成19年度事業報告と収支決算を原案通り承認頂きました。
 
議案終了後、懇親会を開催し、午後6時40分頃終了しました。


上へ

一般工業部会 総会を開催

 一般工業部会では、6月6日(金)に吉川家において部会総会を開催いたしました。
 平成19年度事業報告並びに収支決算の承認、平成20年度事業計画案並びに収支予算案の決定、役員改選について審議したところ、原案通り議決されました。
 
 総会終了後、白木義春羽島市長に「岐阜羽島インター地区開発及び工場団地について」ご講和をいただきました。 
 岐阜羽島インターチェンジ地区開発については、現在、急ピッチで地域計画を進めており、既に地主との優先交渉権を持つ数社の企業との協議を進めている段階である。インター南部は市街化調整区域であり開発規制があるが、インター南東地区には地区計画により商業施設、物流施設、先端技術型製造業(電子部品製造業等)について規制の緩和を行い開発が出来るようにし、総合計画にある新たな都市拠点の形成を目指している。また、既存工場の拡張問題については、周辺道路の整備や、農地整備計画・総合計画・都市マスタプラン等の見直しにより、開発の可能性を探っていきたいと言及されました。

 参加者の皆さんは真剣な眼差しで質問や意見交換をされました。


上へ

キャリア教育 長野五輪銅メダリストから夢への努力を学ぶ

 5月29日、長野五輪スピードスケート競技ショートトラック男子500m銅メダリストの植松仁さん(当所会員)を小熊小学校にお招きし、キャリア教育授業を実施しました。
 授業の最初に、銅メダルを児童全員に触れさせることで、感動とメダルへの憧れを持たせました。
 植松さんは、児童に夢や目標をもって欲しいと語り、夢は、諦めてしまったら全てが終わってしまう。
 最後まであきらめずにがんばれば、夢は叶う、それには、目標をもって努力することが大切である。その努力は、苦しいものではなく、楽しいものである。
 また、自分ががんばってきたことは、他人のレベルと比較するのではなく、1ヶ月前、10日前の自分と比較して成長したかどうかを判断すべきであるとも述べました。

 最後に、物事はやればやるほど良い結果が必ず付いてくるので、諦めずに長く続けて欲しいと述べました。


上へ

7月1日から改正最低賃金法は施行されます

 改正法では、@罰金額の大幅な引き上げ(上限額が50万円)、A障害により著しく労働能力の低い等の労働者に関する減額特例制度の新設(適用除外制度の廃止)、B派遣労働者の適用最低賃金が派遣元から派遣先の地域(産業)最低賃金に変更等が盛り込まれています。

 詳しくは、岐阜労働局ホームページhttp://www.gifu-roudoukyoku.go.jp/をご覧下さい。
 岐阜労働局賃金室 058―245―8104

岐阜県最低賃金   時間額  685円
(平成19年10月19日発効)

 岐阜県最低賃金は、岐阜県内で働くすべての労働者に適用されます。ただし、産業別最低賃金が適用される産業に従事する労働者については、産業別最低賃金が適用されます。


上へ

機械・什器の保障は万全ですか?

 岐阜県火災共済協同組合は、中小企業等協同組合法に基づいて設立された県内唯一の火災共済協同組合です。加入者を『中小の事業者』とし、相互扶助の精神により営利を目的としない損害共済事業を実施しています。
 羽島商工会議所では、岐阜県火災共済協同組合と代理所契約を結び、会員の皆様の「いざ」に備えるお手伝いをしています。
 火災共済には、普通火災共済、総合火災共済の二種類があります。普通火災共済は、火災、落雷、破裂・爆発、風災・雪災による損害に対し共済金が支払われるほか、臨時にかかった費用や残存物の片付費用などの各種費用の支払いが保障されます。
 総合火災共済は、普通火災共済に加え、物体の落下・衝突、騒じょう・労働争議、水濡れ、盗難、水災などにも対応し、より一層ワイドな保障となっています。
 火災共済のしくみや掛金について分からないことがありましたら、火災共済専門員と共にお伺いして説明しますので、お気軽にお問合せ下さい。

お問い合わせ先
岐阜県火災共済協同組合
岐阜市六条南(産業会館)
272−3555

羽島商工会議所
392−9664

@火災
失火やもらい火による火災、消防活動による水ぬれ、破壊等も対象。

A落雷
落雷による衝撃によって什器、機械等に損害が生じたとき。

B破裂・爆発
ボイラの破裂やプロパンの爆発等により損害が生じたとき。

C風災・雪災
台風・暴風等の風災、豪雪等の雪災により、20万円以上の損害が生じたとき。

D物体の落下・衝突
外部からの車両の飛び込み等で損害が生じたとき。

E騒じょう・労働争議
デモやストライキ等によって建物や家財に損害が生じたとき。

F水ぬれ
給排水設備の事故等により水ぬれの損害が生じたとき。

G盗難
家財や設備・什器等が盗まれたり、盗難の際に建物、家財、設備・什器等がこわされたり、汚されたりしたとき。

H水災
台風、洪水、豪雨等により損害が生じたとき。

上へ

インデックスへ戻る

Copyright : 2005 HASHIMA Chamber of Commerce and Industry. All rights reserved.