平成20年6月発行 第122号


☆☆☆ トピックス ☆☆☆
創立10周年記念 羽島商工名鑑の発刊へ
部会活動報告
青年部 通常総会・勉強会開催
7月は源泉所得税の納期特例を受けている方の納付月です


上へ

創立10周年記念羽島商工名鑑の発刊へ

 羽島商工会議所は、今年4月に創立10周年を迎えました。
 これを記念して、会員の皆様の事業所内容を掲載した「羽島商工名鑑」の発刊をすることとなり、商工名鑑特別委員会が設置されました。
 この特別委員会委員には、各部会から推薦を頂きました12名の皆様にお願い致しました。
 羽島商工名鑑は、商工会議所を設置したときに発刊しておりますので、10年ぶりの発刊となります。
 第1回「商工名鑑特別委員会」は、5月21日(水)開催され、委員長・副委員長の選出と、基本的事項および今後の進め方等について協議がされました。
 この商工名鑑の発刊にあたりましては、現在商工会議所に登録されています各事業所の内容についての変更の有無等の確認をさせて頂きますので、皆様のご協力をお願い致します。
 また、協賛広告の掲載を予定致しておりますので、掲載についてもご協力のほど宜しくお願い致します。


上へ

部会活動報告

 6月6日に飲食・サービス、一般工業部会の各部会総会が開催されました。それぞれ19年度事業報告・収支決算の承認、20年度事業計画・収支予算の決定がなされました。
 各部会の今年度事業計画には、親睦・情報交換のための講演会、視察研修事業等が予定されておりますので、ぜひご参加いただきますようお願い申し上げます。

部会総会のご案内

部会名

日時

場所

一般商業

6月16日(月)

フォロ・ロマーノ

建設

6月18日(水)

羽島商工会議所

運輸・通信

6月19日(木)

羽島商工会議所

金融保険

6月20日(金)

羽島商工会議所

繊維工業

6月20日(金)

吉川家

繊維加工・卸

6月23日(月)

羽島商工会議所


上へ

青年部 通常総会・勉強会開催

 6月3日(火)鳥芳にて平成20年度通常総会・勉強会を開催しました。参加者25名。
 総会では、すべての議案が原案通り可決し、20年度事業として、秋に青年部員以外の方も参加できる研修会(内容は検討中)を開催することを決定しました。
 総会後の勉強会では、トヨタ生産方式に基づく「カイゼン」を推進し、企業再生に力を注いでいる()JPEC代表取締役山田直志氏を講師に招き、「トヨタ生産方式と地域経済活性化の可能性」をテーマに、講師が自ら取り組んだ企業再生の実例や今の羽島市の課題について説明しました。
 出席した部員は、次代への先導者としての責任を自覚し、改めて、自社の現況について見つめなおすことができました。


上へ

7月は源泉所得税の納期特例を受けている方の納付月です

 商工会議所では、給与等に係る源泉所得税の計算・納付方法についての指導を行っています。納付期限は7月10日(木)です。期限を守り、お早めに窓口までお越し下さい。

※用意するもの
・給与支払い額のわかる物(給与明細の控えなど)
・平成19年・20年の源泉徴収簿
・OCR専用納付書
・給与所得者の扶養控除等(異動)報告書

※お願い
・OCR専用納付書は本所に予備がありませんので、紛失された場合はすみやかに税務署にて再発行の手続きを行って下さい。

源泉徴収制度
 サラリーマンや専従者等の給与所得は、給与等の支払い者が所得税額を計算し、給与支払いの都度、その税額を差し引いて支給し、給与所得者に代わって所得税を納めるよう定められています。これを「源泉徴収制度」といいます。
 このため、事業主の方が従業員等から預かった源泉所得税は、すみやかに国に納付する義務が発生します。原則として、源泉徴収した所得税は、翌月の10日までに支払わなければなりません。

納期の特例
 しかし、事業規模が小さく専任事務員がいない場合など、毎月納税することは事務負担も多く大変です。
 そこで、給与の支給人数が10人未満である場合は、税務署に「源泉所得税の特例の承認に関する申請書」を提出し承認を受けることにより、年2回にまとめて納税できる特例制度があります。

☆1月から6月までの間に源泉徴収した所得税
  納付期限7月10日

☆7月から12月までの間に源泉徴収した所得税
  納付期限翌年1月10日


上へ

インデックスへ戻る

Copyright : 2005 HASHIMA Chamber of Commerce and Industry. All rights reserved.