平成19年12月発行 第116号


☆☆☆ トピックス ☆☆☆
第10回従業者表彰を開催
部会活動
キャリア教育成果発表会
働く人たちのための無料健康相談のご案内
年末調整相談窓口を開設します


上へ

第10回従業者表彰を開催
 当商工会議所では、11月21日(水)羽島市文化センターにおいて、第10回会員企業従業者表彰式を開催しました。
 来賓の、白木羽島市長、大野県議会議員、加藤市議会議長からそれぞれお祝いの言葉をいただきました。
・40年表彰 1名
・30年表彰 7名
・20年表彰 4名
・10年表彰 8名
・ 5年表彰 7名

上へ

部会活動
◎建設部会 講演会・懇親会
 11月5日(月)午後4時より、文化センター201会議室にて、建設部会講演会および懇親会を開催しました。
 講演は、「きれい社会の落とし穴」と題し、寄生虫博士・カイチュウ博士として名の通る医学博士 藤田紘一郎氏(東京医科歯科大学名誉教授・人間総合科学大学教授)より1時間半にわたりお話を頂きました。
 ご自身のおなかの中に飼っているサナダ虫のお話はもとより、もともと整形外科医であった先生が、回虫の研究に携わることとなったエピソード、また研究成果である寄生虫や微生物等との共生理論などをユーモアたっぷりにお話され、会場は終止笑いが絶える事がありませんでした。
 過度の清潔志向が抵抗力や免疫力を低下させ、かえってアレルギーやアトピーなどに代表される現代病を招き寄せたこと、免疫力はストレスに非常に弱いため、前向きな気持ちや豊かな感受性、そして笑って楽しく生活することが大事であると話され、百人を超す会場の皆さんは深く頷いておられました。


◎運輸・通信部会 視察研修
 運輸・通信部会では、11月21日(水)、伊勢・鳥羽方面への視察研修を実施しました。
 往路車中で、「環境リスク管理と経営〜事例で見るISO14001への取り組み〜」のビデオ研修を行い、自社における環境問題について考えました。
 一行は伊勢に到着し、伊勢神宮を参拝、おかげ横丁を視察しました。
 おかげ横丁は、平日にもかかわらず、伊勢神宮周辺は活気を帯びていましたが、一方、離れた赤福周辺は、赤福が不祥事を起こした影響で閑散としていました。
この現状を見て参加者は、この不祥事は自社のみでなく周りにも影響を与えていることを強く感じました。


繊維工業部会 視察研修
 繊維工業部会では、11月12日(月)に大阪府泉大津市の深喜毛織鰍ヨ視察研修に行きました。
 深喜毛織鰍ヘ紡績、染色整理、機織のほぼ全ての工程を自社で行っており、特にカシミヤなどの高級品を手がけています。
 到着後、会社概要の説明を簡単に受け、2班に分かれて工場内を見学しました。工場内はとても清潔に保たれており、従来ならゴミとして捨てていた紡績屑を回収・再利用することで資源の有効利用が図られておりました。
 
視察が終わり昼食を取った後、京都宇治の平等院を散策し羽島への帰途に着きました。


◎一般商業部会 視察研修
 一般商業部会では、11月28日(水)、石川県金沢市のひがし茶屋街、近江町市場を視察しました。
 ひがし茶屋街は、石畳の道の両側に紅殻格子のお茶屋が軒を連ね、藩政時代の情緒を醸し出し、まさに時代劇の撮影現場に来たかと錯覚するような町並みでした。
 近江町市場は、金沢の台所として280年の歴史をもつ市場で、約170の店舗がひさしを並べています。
 この市場は、対面販売の素晴らしさをいかんなく発揮し、買い手に買い物の楽しさを与え、活気溢れていました。
 参加者は、今回の視察にて、改めて街づくりや商売について考えることができ、有意義な視察研修となりました。


◎一般工業部会 視察研修
 一般工業部会では、11月30日・12月1日にかけて、石川県を代表するモノづくりメーカーである鰹ャ松製作所(コマツ粟津工場)と高松機械工業鰍視察いたしました。
 コマツは、いち早く国際化に対応したメーカーです。1950年代より海外進出をし、グループ企業の70%が外国人労働者で占めています。重機の組立だけでなく、主要部品を自社開発・生産し、高水準の品質を保っており、競争力の高さを垣間見ることができました。
 次の訪問先である高松機械工業鰍ヘ、自動車部品用工作機械に長けた会社です。
 TAKAMAZ製品は、組み合わせにより自動化システムを構築できるのが特徴で、大手メーカーでは手が届かない所も自動化できるなどニーズに柔軟に対応しています。
 また、近年では、自動車部品の製造も行っており、経営の多角化で独自性を保っているのが印象的でした。
 参加された人々は、クリーンで、ムリ・ムダのない工場に驚いた様子で、積極的にメーカー担当者へ質問し、有意義な研修となりました。

上へ

キャリア教育成果発表会

 11月24日(土)、羽島市文化センター401大会議室にてキャリア教育成果発表会として、ロボット競技大会2007を開催し、過去最多の162名が出場しました。
 この大会では、小学生向けにCロボ・カタツムリロボット、中学生向けにCロボ・フォークリフトロボットを教材にして、それぞれ点数を競う競技を行い、各自がC言語でロボットをどう動かすかをプログラミングし、高得点を競いました。
 その他に、ロボホースGの羽島大会も同時に行ないました。
 参加した児童・生徒は、先生の指導のもと、授業中、休み時間、放課後等たくさんの時間を費やし、高得点を獲得するために試行錯誤の繰り返しで、やっとの思いで完成させたC言語ロボットを当日持参し、努力の結晶を披露しました。
 結果については、思い通り動いた子や思いと違った動きをした子などさまざまでしたが、参加した児童・生徒は皆、生き生きとした表情を浮かべ、熱いものを感じ、ものづくりの喜びを体験できたと思います。
 また、応援する側もマナーが良く、発表会をスムーズに進行することができました。


上へ

働く人たちのための無料健康相談のご案内

 岐阜地域産業保健センターでは、無料健康相談を実施しております。
 この健康相談は、小規模事業場を対象に、医師が相談担当者として、その事業主及び労働者の方々が健康診断の結果に基づく事後管理の方法、生活習慣病の予防方法、病後における作業との関係など健康問題について幅広く健康診断を実施するものであります。
 なお、相談者のプライバシーが保持されるよう配慮されております。

◎相談場所
 カラフルタウン
 岐阜市柳津町丸野3−3−6

◎相談日
 20年1月19日(土)
     2月16日(土)
     3月15日(土)

◎実施時間
 各日午後2時〜5時

◎対象者
 小規模事業場の事業主及び労働者

◎お問い合せ
 岐阜地域産業保健センター
 (263)6171


上へ

年末調整を行う時期となりました。
相談窓口を開設します。

 羽島商工会議所では、年末調整相談窓口を開設いたします。納付期限が近づきますと大変混み合いますので、12月の給与・賞与が確定したら、早めに御来所ください。
 年間給与額が確定する年末に、給与支払いを受けた1人1人の所得税額を正しく計算し、年間源泉徴収額との差額を清算する手続きを年末調整といいます。
年末調整を行い、税額が確定したら、翌年の1月10日(木)までに納付します。
 平成19年分年末調整の基本的な仕組みは例年と変わりありませんが、18年度税制改正により以下についての注意が必要です。

変更点・注意点
定率減税が廃止されました
 平成11年より実施されていました定率減税は、平成18年分をもって廃止され、19年は適用がありません。

所得税の税率が改正されました
 国(所得税)から地方(住民税)への税源移譲により、所得税の税率が改正されました。

地震保険料控除が創設されました
 これまでの火災保険を主とした従来の損害保険料控除が廃止され、新たに地震保険料控除が創設されました。地震等損害により生じた損失の額をてん補する損害保険契約等に係る地震等損害部分の保険料を支払った場合には、その年中に支払った地震保険料の金額の合計額(最高5万円)を「地震保険料控除」として控除することができます。ただし経過措置として、平成18年末までに締結した長期損害保険契約は、平成19年1月1日以後に保険料の変更を伴う契約内容の変更があった場合を除き、地震保険料控除の対象となります。
※長期損害保険とは、契約期間が10年以上で、かつ満期返戻金があるものです。 

詳しくは、中小企業相談所までお問い合わせください。

☆年末調整相談日程表☆

     

平成191221252627
平成20年 1〜10

   

午前9時〜正午 / 午後1時〜4時

   

羽島商工会議所3階研修室

ご用意ください

税務署から届いた書類一式
平成18年、19年分の源泉徴収簿
生命保険・損害保険などの控除証明書
国民健康保険・国民年金の納付証明書
印鑑

納付書について

納付書は、必ず住所・氏名・整理番号が印字された納付書を使用することとなっており、本所に一切予備はございませんので、紛失等の場合は早急に税務署へ連絡をし、再発行の手続きをしてください。






















地震保険料控除

地震
保険料

年間支払保険料計

控除額

50,000円以下

その合計額

50000円超

50,000

長期契約

10,000円以下

支払保険料全額

20,000円以下

支払保険料×1/25000

20,000円超

15,000

長期・地震保険合算の控除限度額は50,000
一つの保険契約で地震保険料控除、長期契約のいずれにも該当する場合はどちらか一方の控除を適用
H19.1.1以後開始の長期契約は控除対象外

上へ

インデックスへ戻る

Copyright : 2005 HASHIMA Chamber of Commerce and Industry. All rights reserved.