平成19年5月発行 第109号


☆☆☆ トピックス ☆☆☆
ふじまつり・美濃竹鼻まつり開催
キャリア教育推進委員会を開催
環境社会検定試験(eco検定)ってなぁに?
相談窓口のご案内
平成19年度労働保険年度更新手続の開始及び申告・納付期限の変更(延長)のお知らせ


上へ

ふじまつり・美濃竹鼻まつり開催

 
 4月20日から5月6日にかけて、ふじまつりが開催されました。『竹鼻別院のふじ』として多くの人に親しまれる樹齢300年を越す古木の開花を楽しむお祭です。
 また、5月3日の竹鼻まつりでは、7輌の山車の曵行が行われ、竹鼻商店街一円はたいへん賑わいました。


上へ

キャリア教育推進委員会を開催
 当所では、今年度で3年目となるキャリア教育プロジェクト事業を実施します。
 この事業は、将来の産業を担う子供たちに対して、ものづくり技術やビジネススキルなどの教育を行うことによって、早い段階から職業観の醸成を図ることを目的として、経済産業省から全国で28箇所選ばれた受託事業です。

 羽島市では、教材用のロボット製作・制御を通じてものづくりの楽しさなどを体験してもらう授業と、社会人講師を招聘して、仕事の現場や職業についての知識を学ぶ授業などを実施しています。
 
 4月18日(水)にキャリア教育推進委員会を開催、市内各学校の担当者(先生)が集まり、今年度の予定などが決定されました。
 ロボット競技大会を行う「成果発表会」は、11月24日(土)に開催予定です。

 会員企業の皆様方におかれましても、子供たちの明るい将来のため、羽島市の産業発展のため、このキャリア教育プロジェクトに対し、是非ともご支援・ご協力くださいますようお願いいたします。

上へ

環境社会検定試験(eco検定)ってなぁに?
 社会と環境を考える“人”のための新しい検定試験です

 環境社会検定試験(eco検定)の受験者層と期待される効果
≪企業人≫
企業のCSR(社会的責任)対応や環境ビジネスの展開に寄与する。また環境についての基礎知識を身に付けた社員が多くなることで、企業のイメージアップに貢献できる。
 
≪大学生・高校生≫
環境関連分野の企業・団体や環境に配慮した企業等への就職活動のアピール材料となる。また進学時にもアピールできる。
 
≪行政・教員≫
環境学習指導のための基礎知識として活用できる。
 
≪一般生活者≫
日常生活の中で、環境に配慮した生活を営むための基礎知識を身に付けることができる。また「環境に配慮した生活者の視点」をベースに環境教育推進者として活動したり、地域再生や地域振興のリーダー的な役割も期待される。

 このように、環境に対する幅広い知識を持ち、社会の中で率先して環境問題に取り組む人(=エコピープル)を増やし、環境と経済を両立させた「持続可能な社会」を目指す検定試験です。

 羽島商工会議所では、今年度より施行いたします。この機会にぜひeco検定を受験してみてはいかがでしょうか?

試験日 7月15日(日)
試験時間 午後1時30分〜(2時間)
受験料 5,250円
受付期間 5月1日〜6月1日
申込方法 インターネット、もしくは電話
http://www.kentei.org/
電話(検定センター)
03−3989−0777

上へ

相談窓口のご案内
労働・年金のご相談には・・・
労働・年金相談窓口をご利用下さい。
雇用延長制度、賃金、解雇、契約、助成金等の有効活用方法、労働・社会保険等の手続、公的年金に関して、お困りではありませんか?
毎月第4週の水曜日(都合により変更させていただく場合があります)は、社会保険労務士による労働・年金相談日です。
 
経営全般のご相談は・・・
移動相談窓口をご利用下さい。
毎月、第1・第3月曜日(祝祭日に当たる場合はお休み)は、県中小企業支援センター((財)岐阜県産業経済振興センター内設置)では、昨年6月より、支援センターへの来訪が困難な方の相談に応じられるようにと、県内10箇所の商工会・商工会議所に移動相談窓口を開設しました。
経営、技術、資金相談などのさまざまな相談に、専門スタッフがお答えします。
県中小企業支援センターの詳細については県産業経済振興センターHPをご覧ください。
http://www.gpc.pref.gifu.jp/sien/gaiyou.htm
 
労働・年金、移動相談ともに何度ご相談いただいても相談料は無料です。
相談の予約・お問合せは、
羽島商工会議所 392−9664
へお電話下さい。
ご相談いただいた内容の一切について、秘密を厳守します。

上へ

平成19年度労働保険年度更新手続の開始及び
申告・納付期限の変更(延長)のお知らせ

 平成19年度の労働保険料・一般拠出金の申告・納付の取扱いについては、次のようになりました。

@ 改定後の雇用保険率については、平成19年4月1日以降の労働保険料に遡って適用されます。
A 平成19年度の年度更新申告書の提出及び労働保険料・一般拠出金の納付の期限については、
平成19年6月11日(月)
まで延長されます。
B 平成19年4月1日から4月22日までの間に
保険関係が成立し、又は廃止した事業
労災保険の特別加入の承認を受け、又は取り消された事業
に係る労働保険料・一般拠出金についても、法定の申告・納付期限に22日を加えた日まで申告・納付期限が延長されます。

上へ

インデックスへ戻る

Copyright : 2005 HASHIMA Chamber of Commerce and Industry. All rights reserved.