平成19年2月発行 第106号


☆☆☆ トピックス ☆☆☆
新春賀詞交歓会開催
総務・財政委員会開催
税制改正・中小企業予算で大きな成果 商工会議所の要望実現
キャリア教育プロジェクト 社会人講師授業
ワークショップ岐阜羽島入居者募集
平成18年分の申告に関する税制改正について


上へ

新春賀詞交歓会開催

 1月6日(土)羽島市文化センターにおいて新春賀詞交歓会を開催致しました。
 当日は、市長、県議会議員、市議会議長などの来賓と会員企業と合わせ100名が参加され、羽島市経済の発展を願うとともに新年を祝いました。

 会場内では、新年のあいさつを交わす方や、友人と歓談したりお酒や料理を楽しむ方、新年らしく着物姿の女性もみえました。大変にぎやかな雰囲気につつまれた新年会でした。

 来年のご参加をお待ちしています。


上へ

総務・財政委員会開催
 1月24日(水)当所の総務・財政委員会を開催し、平成18年度補正予算について審議いただきました。
 今年度の補正は主に、一般会計の外国人研修生の受入人数増加と、市補助金の減額、中小企業相談所特別会計の県補助金の増額と電子入札対応パソコン研修事業(県補助事業)の新設などです。
 この補正予算(案)は、2月1日の常議員会で原案通り承認されました。

上へ

税制改正・中小企業予算で大きな成果
商工会議所の要望実現
 「平成19年度与党税制改正大網」および「平成19年度政府予算案」が昨年12月、それぞれ決定され、中小企業の経営基盤の強化を図る項目の多くが実現されることとなりました。

 日本商工会議所は、「平成19年度税制改正に関する要望」等を、政府・与党など関係各方面に提出、全国各地の商工会議所と連携し積極的な要望活動を展開してきました。
 その結果、税制、中小企業予算で大きな成果がありました。

主な内容
中小同族会社に対する留保金課税の撤廃
減価償却制度の抜本的見直し
事業承継税制の拡充
特殊支配同族会社の損金算入制限措置の見直し
中小企業対策予算の9億円増加

 なお、事業継承税制の確立については、今後本格的に検討が行われる予定になっています。


上へ

キャリア教育プロジェクト 社会人講師授業
 月19日(金)、キャリア教育プロジェクトの一環として、竹鼻小学校卒業生であるプロ野球中日ドラゴンズの英智選手が同小学校を訪れ、約900人の児童、保護者の前で、「一流から超一流へ」をテーマに授業を行いました。

 最初に、プロ野球選手を目指している児童8名が、英智選手とキャッチボールを行いました。児童にとってこの体験は、これ以上ない夢と希望を与えたことだと強く感じました。

 その後の講演では、「皆さんは、人生の選択で悩むことに多く出会うかと思いますが、どの方向に進んでも対応できる人間になって欲しい」と述べ、「そのためには、日頃から勉強やスポーツなどに一生懸命取り組み、いろいろな分野に対応できる引き出しをたくさん作って欲しい」と強調しました。

 講師は、この授業のために合同自主トレを他の選手より早く切り上げなければならなかったために、練習開始の2時間前から練習をしてきたことや、プロ野球選手はこれ以上練習したら体が壊れてしまうほど練習をしていることを述べ、超一流になるにはものすごい努力が必要であることが強く伝わってきました。

 最後に、講師は、外国人選手から「がんばることは当たり前、大切なことは、何事にも常にベストを尽くすこと」であると学んだことを児童に伝えました。

上へ

ワークショップ岐阜羽島入居者募集

◆募集施設
ワークショップ岐阜羽島  羽島市福寿町平方4丁目39番地

入居対象
下記のいずれかの業務内容の中で高度な技術力を有し、研究開発成果の起業化を目指している個人または法人で、支援を要する者。
1.ソフトウエア、情報、通信産業
2.その他アイデア・技術によって、将来成長が見込まれる分野における新商品、新技術若しくは新たな役割の開発等の事業計画を持つ者。


◆お問い合せ  
羽島商工会議所  羽島市竹鼻町2635番地

TEL 058−392−9664
FAX 058−392−6708

E‐mail info@hashima-cci.or.jp


上へ

平成18年分の申告に関する税制改正について
 平成18年分の確定申告に関する主な税制改正は次のとおりです。

定率減税額の引き下げ
 定率減税の額が次のとおり引き下げられました。
改 正 後 改 正 前
所得税の10%相当額
(上限125,000円)
所得税の20%相当額
(上限250,000円)


農業標準の廃止

 農業所得の申告にあたり標準により計算できましたが、平成18年分から農業所得の計算は全て収支計算により申告することとなります。


耐震改修特別控除の創設
 平成18年4月1日から平成20年12月31日までの間に、家屋(昭和56年5月31日以前に建築された家屋で一定のもの)に一定の耐震改修をした場合に、その耐震改修に要した費用の額の10%相当額(最高20万円)を控除することとなりました。


寄付金控除の下限引き下げ
 寄付金控除の適用下限額が5,000円に引き下げられました。(改正前10,000円)


政党等寄付金特別控除の改正
 平成21年12月31日までに支出した寄付金に係る政党等寄付金特別控除について、税額控除の対象となる政党等に対する寄付金の適用下限額が5,000円に引き下げられました。(改正前10,000円)



 会議所では記帳や申告、届出についての相談会を下記の通り開催いたします。期間中であれば随時受け付けていますので、お気軽に、またお早めにご来所ください。
 詳しくは(392−9664)にてお問い合せ下さい。


決算・申告相談会の案内
期   間 2月16日(金)〜3月15日(木)の平日
受付時間 午前9時〜午前11時30分
午後1時〜午後 3時30分
会   場 商工会議所 3F 研修室
内   容 決算、所得税・消費税の申告相談
※ご用意ください
平成18年分の確定申告書(税務署から送付された申告書は使用しない場合も念のため用意して下さい)
平成18年分の決算書(白色申告の場合は収支内訳書)
平成17年分の確定申告書・決算書(もしくは収支内訳書)の控え

帳簿・集計表など平成18年分の売上や経費の額がわかるもの(必ず費目ごとに1年分を集計して下さい。月毎の売上、仕入額の集計も必要です。)

平成18年中に購入した減価償却資産(一式10万円以上)の明細について分かるもの
給与等の源泉徴収票や生保、損保の満期金など、申告の必要がある所得明細が分かるもの
平成18年中に支払った健康保険、介護保険、国民年金等の控除証明書
生命保険料、損害保険料等の控除証明書、その他控除を受けるために必要なもの
印鑑
その他、税務署から送付された書類一式
各種控除証明書は必ずお持ちください。無い場合は、控除が受けられません。

上へ

インデックスへ戻る

Copyright : 2005 HASHIMA Chamber of Commerce and Industry. All rights reserved.