平成18年12月発行 第104号


☆☆☆ トピックス ☆☆☆
第9回従業者表彰式を開催
新春賀詞交歓会を開催します
視察研修旅行を実施しました
キャリア教育成果発表会を開催しました
ビジネス・キャリア制度のご紹介
年末調整の源泉税納付期限は、1月10日(水)です


上へ

第9回従業者表彰式を開催

 当商工会議所では、11月22日(水)フォロ・ロマーノにおいて、第9回会員企業従業者表彰式を開催しました。

40年表彰  2名
30年表彰 11名
20年表彰  7名
10年表彰  1名
 5年表彰  3名


上へ

新春賀詞交歓会を開催します

 羽島商工会議所では、賀詞交歓会を開催いたします。年始何かとお忙しいかと存じますが、新年のごあいさつに、会員相互の親睦にも是非ご参加ください。

日  時 平成19年1月6日(土)
正午より
場  所 羽島市文化センター 4階 大会議室
参加費 2,000円(当日徴収いたします)
※当日名刺をお持ちいただくようお願いいたします。

上へ

視察研修旅行を実施しました
一般工業部会
 一般工業部会では、去る11月5日〜6日にかけて、東京ビックサイトで行われた国際工作機械見本市(JIMTOF2006)へ行って参りました。
 JIMTOF(ジムトフ)は、世界中の工作機械メーカーが集い、最新鋭の多軸加工機が揃う見本市です。外国からも多くの来場者があり、非常に国際色の強いものです。
 全ての工業製品は工作機械がなければ成り立たず、中でも日本の工作機械の技術水準は、世界トップレベルの精度を誇っており、今や誤差単位はミクロから、ナノmレベルに達しております。
 また、完全自動化も進んでおり、複雑な3次元切削加工も、1つの工作機で短時間で行ってしまう様子には驚きを隠せませんでした。
 その他、細かな切子屑などを完全に除去できる装置や、低騒音・低振動化、切削油等の再生利用・分別回収など、環境に配慮した技術も実演されていました。
 今回の視察研修に参加された方は、積極的にメーカー担当者へ質問したりして、とても有意義な研修となりました。


繊維工業部会
 繊維工業部会では、11月5日〜6日視察研修を実施しました。
 初日は、明石海峡、淡路島、鳴門海峡を通り四国入りし、高松市栗林公園を散策した後、宿泊地の道後温泉に到着しました。
 翌日、池内タオル梶i今治市)を訪問いたしました。池内社長から今治のタオル業界の現状と池内タオル独自ブランド「風で織るタオル」を確立していった経緯について説明を受けた後、工場を視察しました。
 その後、生口島耕三時を参拝し羽島へ戻りました。


運輸・通信部会
 運輸・通信部会では、11月14日にセントレア中部国際空港と中部電力知多火力発電所への視察研修を実施しました。
 中部国際空港では、デッキから飛行機の発着を見学し、搭乗ロビーでは、数多くの人たちが搭乗準備をしている姿を見て、改めて当空港の価値を確認しました。
 中部電力知多火力発電所では、火力発電の仕組みをビデオ映像で学習し、その後バスによる構内見学をしました。
 当発電所は、二酸化炭素排出の削減に努められていて、緑に囲まれた環境の良い発電所でありました。


建設部会
 建設部会では、11月22日〜23日にわたり、視察研修事業を実施しました。
 初日、大阪市環境事業局舞洲工場(大阪市此花区)を訪問しました。同工場は、大阪市が有するゴミ焼却工場(1日900トン焼却)の1つです。
 この工場は、何も知らない人が見れば、まずゴミ焼却施設だとはわかりません。
 まるでテーマパークのようで一行は目を奪われました。
 外観は自然保護建築デザインで有名なフリーデンスライヒ・フンデルトバッサー氏によってデザインされました。自然界に直線や同一物は存在しないことから、意図的に曲線を多用する形状となっています。工場建設による自然破壊を補うべく、周辺の緑化が進められており、環境保護のシンボルとなるよう表現されているとの事。
 臭いや煙を出さない最新技術による廃棄物処理、熱エネルギーを蒸気や電気に変換するシステム、雨水を利用した排水処理など、工場能力の高さにも非常に驚かされました。
 翌日は紅葉の名所である東福寺や嵐山を観光し、岐路へつきました。

上へ

キャリア教育成果発表会を開催しました
 11月25日(土)、羽島市文化センター401大会議室にてキャリア教育成果発表会を開催しました。

@ パネル展示
 会場入り口付近のスペースを利用して、市内全小中高校作成したキャリア教育の取り組み内容を展示しました。各学校とも児童・生徒に職業観・勤労観の育成をするためにさまざまな工夫がなされていました。
  
A ロボット競技会
 かたつむりロボット競技「ゲートスルー」、フォークリフトロボット競技「ピンポン球運び」、ロボフォースG「どきどきタワー」の3部門の競技会を行いました。
 参加した児童・生徒は、授業中、休み時間、放課後たくさんの時間を費やし、試行錯誤の繰り返しで完成させたC言語ロボットを持参し、努力の結晶を披露しました。
 思い通り動いた子、動かなかった子などさまざまでしたが、生き生きとした表情を浮かべており、ものづくりの喜びを体験することができたと思います。

上へ

ビジネス・キャリア制度のご紹介

 ビジネス・キャリア試験とは、各職務分野において職務を遂行するうえで、必要とされる専門的知識・能力の習得度を評価する試験です。

@ビジネス・キャリア・ユニット試験
実施分野 人事・労務・能力開発、経理・財務、営業・マーケティングなど
受験資格 次のいずれかに該当する方が受験できます。
認定講座受講修了者(終了見込み者を含む)
実務経験者(受験ユニットに関し、一定年数以上の実務経験を有する方)
受 験 料 1ユニット 2,000円(税込)

Aビジネス・キャリア・マスター試験
実施分野 労務、財務管理、マーケティング・マネジメントなど
受験資格 特にありません
受 験 料 1部門 5,000円(税込)


平成18年度 ビジネス・キャリア・ユニット&マスター後期試験 実施日程
  ビジネス・キャリア・
ユニット試験
ビジネス・キャリア・
マスター試験
受験申請受付期間
平成19年
1月4日(木)
〜1月17日(水)
平成19年
1月4日(木)
〜1月17日(水)
試験実施日
平成19年
3月3日(土)
〜3月4日(日)
平成19年
3月4日(日)


●資料請求・お問合せ先
岐阜県職業能力開発協会 058−233−4777
中央職業能力開発協会 URL http://www.bc.javada.or.jp/

上へ

年末調整の源泉税納付期限は、1月10日(水)です
12月の従業員給与・賞与額が決定したら「年末調整」をしましょう

 従業員や青色事業専従者に給与を支払っている事業主は、所得税を給与から天引きして預り、税務署へ納める源泉徴収を行う義務があります。
 しかし、1年間源泉徴収をした額と、本来納めるべき税額と一致しないことがほとんどです。
 このため、年間の総支給額が確定する年末に所得税額を正しく計算し、本来の納税額を決定し、1年間の源泉徴収総額との差額を精算する作業をしなければいけません。
 この一連の作業を年末調整といいます。
 今年最後の給与並びに賞与額が決定しましたら年末調整をして従業者所得税の精算をしてください。


変更点と注意点
定率減税の変更
平成18年分の所得税については、定率減税の割合が10%(最高125,000円)へ引き下げられました。
(参考:昨年度は所得税の20%相当額でした。)
控除証明書等の添付義務
社会保険料控除の内、国民年金保険料及び、国民年金基金の掛金について支払額を証明する書類(以下、控除証明書)を必ず添付しなければなりません
国民年金の控除証明書は、すでに郵送されております。もし、お手元にない場合や、紛失された場合は、社会保険事務所で必ず再発行をご依頼ください。


 羽島商工会議所では、下記の通り相談窓口を開設いたします。1月10日の納付期限が近づきますと大変混み合いますので、お早めに御来所いただきますようお願いいたします。

年末調整相談日程表
相談日 平成18年12月22、25、26、27日
平成19年1月5、9、10日
相談時間 午前9時〜正午、午後1時〜4時
相談場所 羽島商工会議所 3階 研修室
ご用意
ください
税務署から届いた書類一式
平成17年、18年の源泉徴収簿
生命保険・損害保険などの控除証明書
国民健康保険・国民年金の控除証明書など
印鑑
納付書
について
税金を納めるための「納付書」は、あらかじめ事業者の住所、氏名、整理番号などが印字された納付書でないといけません。必ず、確認の上ご来所ください。


上へ

インデックスへ戻る

Copyright : 2005 HASHIMA Chamber of Commerce and Industry. All rights reserved.