平成18年10月発行 第102号


☆☆☆ トピックス ☆☆☆
2006美濃竹鼻なまずまつりを開催します!!
部会より 視察研修のお知らせ
会員親睦ゴルフ大会開催
キャリア教育プロジェクト事業協議会開催
10月は中小企業退職金共済制度加入促進強化月間です
全国推奨観光土産品を募集します
10月は「労働保険適用促進月間」です
最低賃金が改正されました
10月は会員増強月間です


上へ

2006美濃竹鼻なまずまつりを開催します!!

 今年で17回目となる美濃竹鼻なまずまつりを10月21日(土)、22日(日)の2日間盛大に開催いたします。

 今年は、飛騨美濃合併130周年を記念し、飛騨市古川町から「きつね火まつり」の狐組を招き、「蛇闘楽(じゃとうらく)」の舞を披露していただきます。
 また、まつり期間中フォトコンテストを開催し、昨年とは一味違った市民参加型の美濃竹鼻なまずまつりとなっております。

 21日(土)には、小学生以下の方を対象に、黒田皇先生を招き、「みんなでなまずを描こまいか キッズアート」を開催します。これは、たたみ1畳ほどの大きさのキャンバスに子供たちと一緒になまずの絵を描くイベントです。
 もちろん、恒例のみこしコンクールをはじめ、フリーマーケットや子供イベント広場、歌謡ショーなど様々なイベントで皆様のご来場をお待ちしています。

 なお、スケジュールやイベントは都合により変更する場合がありますので、詳しくは商工会議所内実行委員会(392)9664までお問合せください。


上へ

部会より 視察研修のお知らせ

 繊維工業、金融・保険、一般商業、一般工業、建設、運輸・通信の6部会では、下記の日程で視察研修を開催します。

繊維工業部会
と  き 11月5日〜6日
行 先 愛媛県今治市
池内タオル


金融・保険部会
と  き 12月8日〜9日
行 先 日本銀行本店 他


一般商業部会
と  き 12月6日
行 先 伊勢・鳥羽方面
おかげ横丁


一般工業部会
と  き 11月5日〜6日
行 先 日本国際工作機械見本市 他


建設部会
と  き 11月22日〜23日
行 先 大阪市環境事業局
舞洲工業 他


運輸・通信部会
と  き 11月14日
行 先 中部電力知多火力発電所
セントレア


 詳細につきましては、部会員の方々に後日、郵送で案内させていただきます。
 多数のご参加をお待ちしております。

上へ

会員親睦ゴルフ大会開催

 9月27日(水)、グリーンヒル関ゴルフ倶楽部において、8回目となる会員親睦ゴルフ大会を開催いたしました。
 
当日は、快晴で絶好のゴルフ日和でした。
 参加された34名の皆さんは、日ごろの腕を十分に発揮されたことと思います。
 次回もご参加いただきますよう、よろしくお願い致します。


上へ

キャリア教育プロジェクト事業協議会開催

 当所では、昨年度に引き続き、市内の小中高校15校を対象に、児童・生徒1人1人に望ましい職業観・勤労観及び職業に関する知識や技能を身に付けさせることと、自己の個性を理解し、主体的に進路を選択する能力を育てることを目的に、教育機関、行政、産業界、住民が一体となって行うキャリア教育事業(経済産業省受託事業)を実施しています。

 標記会議は、9月29日(金)に、羽島市長・白木義春氏、羽島市教育長・大平橘夫氏をはじめとする各分野の代表者を委員として組織し、キャリア教育の自立化に向けての方策の協議や協力体制の確認を図るため開催しました。

 会議では、事務局より羽島市の取り組みとして実施している、聞く(産業界・地域住民による授業)、体験(社会見学、職場体験、インターンシップ)、つくる(C言語ロボット製作授業)などの具体的な事業内容、実施効果、そして今までの進捗状況について詳細に説明しました。

 その後、各委員より、この事業に対して、教育界と産業界、地域住民との連携強化の必要性、今後もさらに継続していくための自立に向けた暖かい意見をいただき、事業の重要性と協力体制を確認することができました。

 また、会員企業の皆様方におかれましても、子供たちの明るい将来のため、羽島市の産業界の発展のため、このキャリア教育プロジェクトに対し、是非ともご支援・ご協力くださいますようお願いいたします。


上へ

10月は中小企業退職金共済制度加入促進強化月間です

 中小企業退職金共済制度(中退共制度)は、退職金制度を持つことが困難な中小企業で働く勤労者に、国の援助で大企業と同じような退職金を支払うことができるようにすることを目的として作られた国の退職金制度です。
 中退共制度をご利用になれば、安全・確実・有利で、しかも管理が簡単な退職金制度が手軽に作れます。

◇しくみ◇
 事業主が中退共本部と退職金共済契約を結び、毎月の掛金を金融機関に納付します。
 従業員が退職したときは、その従業員に中退共本部から退職金が直接支払われます。
短時間労働者の従業員も加入することが出来ます。
掛け金納付月数が1年未満の場合退職金は支給されません。
退職金は基本退職金と付加退職金の2本建てとなります。


◇特色◇
@有利な国の掛金助成
 新しく加入する事業主に、掛金月額の2分の1(従業員ごと上限5,000円)を加入後4ヶ月目から1年間、国が助成します。
 また、18,000円以下の掛金月額を増額する事業主に、増額分の3分の1を増額月から1年間、国が助成します。
A掛金は全額非課税
 掛金は事業主が全額負担し、法人企業の場合は損金として、個人企業の場合は必要経費として、全額非課税となります。
B掛金の種類
 掛金月額は5,000円から30,000円までで16段階に金額を設定できます。掛金は従業員ごとに任意で選択できます。
C簡単な管理
 掛金は口座振替ですので手間がかかりません。また、従業員ごとの納付状況、退職金額を事業主にお知らせしますので、退職金の管理が簡単です。
D通算制度でまとまった退職金
 加入前の勤務期間(過去勤務期間)の通算制度、転職した場合の通算制度があります。
E退職金は直接従業員へ
 退職金は、中退共本部から直接、退職した従業員の預金口座に支払われます。退職金の支払は、一時金払いのほかに、一定の要件を満たしていれば分割払いで受け取ることもできます。


●お問い合わせ
勤労者退職金共済機構
中小企業退職金共済事業本部
03(3436)0151
http://chutaikyo.taisyokukin.go.jp/
または羽島商工会議所まで

上へ

全国推奨観光土産品を募集します

 日本商工会議所、全国観光土産品連盟では、第47回全国推奨観光土産品審査会実施します。
 これは、各地の観光土産品の中から食品衛生・品質・公正表示・郷土色等で優れた観光土産品を「全国推奨観光土産品」として推薦することにより、観光土産品の発掘・育成・振興等に寄与することを目的に毎年実施しているコンテストです。
 是非、自慢の商品を出品してみてはいかがですか。

審査日
平成18年12月1日(金)
 
審査部門
@菓子の部
A食品の部
B民芸の部
C工芸の部
 
審査基準
@観光土産品にふさわしい
A郷土色が豊かでデザインが優れている
B品質が優れている
C包装が優れている
D携帯または輸送が便利である
E衛生的なものである
F価格が適正である
 
推 奨
合格した商品は「全国推奨観光土産品」として推薦され、『推奨品シール』を貼付することができます。
 
推奨期間
平成19年4月1日〜平成21年3月31日(2年間)
 
申込受付
平成18年11月2日(木)まで
 
審査料
8,000円
※2点目からは1点増すごとに3,000円


申込方法等、詳しいお問い合せについては、全国観光土産品連盟
ホームページ http://www.miyagehin.com/
E-mail:zenkanren@rams.gr.jp
03−3518−0193
または 羽島商工会議所まで

上へ

10月は「労働保険適用促進月間」です

 1人でも労働者を雇用する事業主は必ず労働保険に加入しなければなりません。
 労働保険とは、労災保険と雇用保険の総称で、職場のみなさんが安心して働くための保険制度です。

 「労災保険」は、労働者が業務や通勤に起因して、負傷、病気、死亡された場合に労働者や遺族を保護するために必要な給付を行います。臨時・アルバイトであっても、雇用した労働者は全て対象となります。
 「雇用保険」は労働者が失業したとき、教育訓練を受講したとき、又は、在職中60歳〜65歳未満の労働者が60歳到達時の賃金に比べて75%未満に低下した場合や、育児・介護休業期間中の1ヶ月毎に、休業開始前の1ヶ月の賃金の8割以上支払われてない場合に労働者に必要な給付を行います。
 また、事業主に対しては、失業の予防、雇用の安定、労働者の福祉の増進を図っていただくための各種助成制度があります。

 65歳未満で、1週間の所定労働時間が20時間以上の常用労働者が加入の対象となります。
 パートタイムの労働者も、1週間の所定労働時間が20時間以上で雇用期間が一年以上見込まれる場合は雇用保険に加入しなければなりません。

詳しくは、
岐阜労働局労働保険徴収室
(245)8115
ハローワーク岐阜雇用保険適用課(247)9235
または 羽島商工会議所まで


上へ


最低賃金が改正されました

岐阜県最低賃金 時間額 675円
(平成18年10月1日発効)

 岐阜県最低賃金は、岐阜県内で働くすべての労働者に適用されます。
 ただし、産業別最低賃金が適用される産業に従事する労働者については、産業別最低賃金が適用されます。

 詳細は岐阜県労働基準監督署(247)1101にお問合せ下さい。


上へ

10月は会員増強月間です

 羽島商工会議所では10月を会員増強月間として新しく会員に加入していただける事業所を募集しています。

 商工会議所は、行政区域内で事業を営む皆様の唯一の「地域総合経済団体」として、商工会議所法に基づいて経済産業大臣から認可を受けた公益法人です。
 多くの企業が会員として加入されることによって、地域総合経済団体としても発言力、行動力が高まり、地域経済の振興ひいては会員企業の繁栄にも大きく役立ちます。

 新しく事業を始められた方等で当所に未加入の事業所がございましたら、是非ともご紹介いただきますようお願いします。


商工会議所の主な役割
1.要望意見活動
2.中小企業の振興
3.地域商工業の振興
4.情報提供活動
5.民間活力の発揮
6.新しい時代への対応
7.国際活動の推進


上へ

インデックスへ戻る

Copyright : 2005 HASHIMA Chamber of Commerce and Industry. All rights reserved.